2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しく「ちゃんと」チケット代を払って行って来ました、NHKホールへ。
プレコンがあったらしいですが、着いた時には既に遅く。

曲目のせいか東京のせいか、客層が老若男女勢ぞろいでした。
若者が案外多いのは「のだめ」効果でしょうか。昨日がアニメ最終回でしたけど。
座席も3階席でさえほぼ満員。
発売日当日に押さえて真ん中の席を取っておきましたが、どうやら早々に売れたようです。
席が狭くて、蒸し蒸し…、そして暑苦しい。


●メンバーと曲目
指揮:ウラディーミル・アシュケナージ
演奏:NHK交響楽団

ベートーヴェン/交響曲第6番「田園」
ベートーヴェン/交響曲第7番


N響&アシュケナージでベートーヴェンの交響曲という非常に「正しい」プログラム。
アシュケナージさんの音楽監督としての最後の公演だったらしいです。
演奏はというと、まあ「模範演奏」
隙がなくて安心して聴けるとも言えるし、「正しく」て面白みがないとも言える。
コンマス含め首席の音だけが聴こえてくるということもなく、バランスがいい。
どんな曲にでも器用に対応できそうなオケですね。

天下のNHKだし、奇をてらわなくても人が来るんでしょう。
どうせ定期会員も多いんだろうし、スポンサーも多いみたいだし。
一応、日本のトップオケらしいからね。



さて、演奏について特に書くことがありません。
困った(笑)

「田園」はまあこういう感じだよね~。
「正しい」演奏でした。。


「第7番」は今年3回目ですが、総合点では今回が一番ですね。それは認めましょう。
第2楽章の静かなメロディーも、第4楽章の派手なメロディーもそつなくこなしていました。
特に印象に残ってるのは第3楽章。
音量のアップダウンが激しい楽章ですが、「正しく」起伏のある演奏でした。


どっちの曲も普通に弾くだけでも難しそうな曲なので、ちゃんと弾けることはすごいことなのでしょう。


N響&音楽監督アシュケナージのコンビが今まで目指していた方向が分かっただけでも良しとしましょう。
指揮者が変わると演奏も変わるのかな?
まあ、どうせテレビでも見れるし。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















NHK交響楽団NHK交響楽団は、日本にある世界的オーケストラの一つ。伝統的にドイツ・オーストリア系音楽を主なレパートリーとするが、近年、フランス系音楽の演奏レベルもアップしてきている。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia ...

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。