2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

20150627 大阪フィル「大ブルックナー展vol2」

●メンバーと曲目
指揮:井上道義
演奏:大阪フィル

ピアノ:関本昌平

コンマス:崔文洙


モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番
ブルックナー:交響曲第7番


前半はピアノ協奏曲。
モーツァルトはブルックナーと相性が良いらしく(なぜかは知りませんが)、一緒にプログラミングされたとのこと。

ピアノの関本さんの演奏を聴くのは本日初めて。失礼ながらお名前を聴くのも初めてでした。
パワー型なのかと思っていたんですが、演奏は真逆。
まったく濁りが無く、非常にキレイで柔らかい音の粒が飛んできました。
モーツァルト本人が弾いたらこんな演奏だったのだろうなと。
この初夏を思わせる爽やかなコンチェルトにマッチ。

派手ではないので協奏曲よりは室内楽が得意そうなタイプだな、と思っていたら、
アンコールはショパンの子犬のワルツでした。ナルホド。

道義さんは、元気に平常運転の"盆踊り"をしながらオケを率い、手堅くピアノを支えていました。


後半はいよいよブルックナー。
オケが舞台にビッシリ!
演奏時間も、8番よりは短いものの、70分弱(本日実績)とやはり長い。

1番印象に残ったのは、第2楽章のアダージョ。
弦が一斉に奏でる主部の悲痛なメロディー。
教会でオルガンを聴いているかのような壮麗なサウンド。
嘆きが溜まりに溜まって爆発。
ワーグナーチューバーによるワーグナーへのレクイエム。
ブルックナーのアダージョの最高傑作と言われるのも納得の楽章でした。

道義さんは1音1音を丁寧に鳴らし、徐々に気持ちを高めていっているように感じました。
休止もしっかり。
余計なことをせずに楽章自体に向き合っている姿勢ですが、ドラマチックに演奏する指揮者もいそうです。

その後の第3楽章や第4楽章では、高らかな管楽器や骨太の弦楽も堪能し、
ブルックナーの宇宙の壮大さを存分に堪能した演奏会でした。


今後も大ブルックナー展は、4番→1番→5番→9番と続きます。
朝比奈隆さんとのコンビとはまた違う、道義カラーをどう出していくのか楽しみです。
(※他の皆さんの感想を見る限り、道義さんの演奏はクールで、朝比奈さんとは違うタイプなので賛否両論のようですが。)

さあ、次は12月!
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30