2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

20151025クレーメルクレメラータ・バルティカ「4つの四季」

兵庫芸文ホールのクレーメル&クレメラータ・バルティカのコンサートへ行ってきました。
ピアソラ好きとしては一度、クレーメル氏の演奏で聴いてみたかったのです。

いやー、グラスもピアソラもすごかった!
切れ味鋭いアンサンブル。
音の入りだけでなく消えるところまでビシッとピッタリ!
クレーメル氏の演奏は初めてでしたがクールでした。
超絶の箇所でも顔色を変えず淡々と弾いていました。


●メンバーと曲目
ヴァイオリン:ギドン・クレーメル
室内オーケストラ:クレメラータ・バルティカ

ラスカトフ:チャイコフスキー「四季」から、1月炉端にて、5月白夜、12月クリスマス
フィリップ・グラス:ヴァイオリン協奏曲第2番「アメリカの四季」
梅林茂:ヴァイオリンと弦楽オーケストラのための「日本の四季」
アストル・ピアソラ:ブエノスアイレスの四季

※アンコール
オスカー・ストローク:黒い瞳
ワインベルク:ボニファッチ・ホリデイズ


今回の公演の一番の収穫はグラス!
クレーメル氏の圧倒的なテクニックと、そのクールな演奏スタイルにしびれておりました。
アルペジオの速いパッセージをひたすら弾き続ける。
そうかと思いきや、楽章間の"ソング"という箇所では、クレーメル氏1人にスポットライトが当たり、無伴奏ソロであたかもバッハの世界。
そんな場面がコロコロ変わる曲なのに、一切乱れが見られなかったのはさすがです。
第3楽章、第4楽章ではどんどんテンポアップ&高揚していき、ライブ会場と化していました。
エレキギターでどこかのバンドがカバーしても違和感無さそう。

もちろん、お目当てのピアソラは期待通りの演奏でした!
十八番だけあってオーケストラの線がピッタリ!
特殊奏法満載、テンポも不安定なのに、決めどころを切れ味よくビシバシ決めていきます。
残響があるホールだと切れ味がぼやけるので、日比谷公会堂のような残響が全然無いホールでも聴いてみたいものです。


あと、梅林茂さんの委嘱新作は、いかにも和テイストの曲。
民謡調のメロディーで夏の祭囃子、秋の哀愁と場面が描写され、グラスで張りつめていた緊張感はしばし休息。
冬でのクレーメル氏とチェロ首席の掛け合いがあり、物怖じせず堂々と渡り合っていらっしゃいました。
ぜひ日本の室内オーケストラで再演もしてもらいたいものです。

クレーメル氏は日本好きだそうで、来日公演も多いとのことなので、また上手く予定が合えば聴きに行きたいと思います。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -