2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

20151031 兵庫芸文オケ第82回定期「ハーディングの幻想交響曲」

気づいたら先週から3週連続で西宮北口の兵庫芸術文化センターに行くことに。

2週目の今日は兵庫芸文オケ。
指揮は注目のハーディング氏、2016年から名門パリ管の音楽監督になるそうで。
彼が幻想交響曲を振るというのに惹かれてチケットを購入してしまいました。

●メンバーと曲目
指揮:ダニエル・ハーディング
演奏:兵庫芸術文化センター管弦楽団

コンマス:豊嶋泰嗣

ドビュッシー(ラインスドルフ編):「ペレアスとメリザンド」組曲
ベルリオーズ:幻想交響曲


前半は、ドビュッシー。初めて聴く曲。
盛り上がる箇所無しの、静かでモヤモヤしたメロディーが続くドビュッシーっぽい曲でした。
ウトウト観客多数発生。
これがオペラの曲だなんて、いったいどういう歌が付くのやら。

PACという若さがウリのオケに対して、敢えてこの静かな曲を選んだのは、ハーディング氏の教育的配慮でしょうか。
弦が良く歌っていて、音が大小上下とキレイに波打っていました。


後半は、メジャーな幻想交響曲。
理知的にドラマチックにしている演奏でした。
ガンガン鳴らしたくなる曲ですが、ハーディング氏は抑えるところはトコトン抑える。
ただし、本当に強くしたいピンポイントだけをドカンと鳴らす、というやり方。
狂気の4&5楽章も走りたくなるのを抑えているように聴こえました。

勢いで押し切れないので、オケ全体の方向性をまとめ上げるのが大変だったのではないかと思います。
今日の指揮では、熱を入れて大量に身ぶり手ぶりをしていました。
「弦もっともっと!」とか「音を広げて広げて!」みたいな。

私は好きなアプローチですが人それぞれの好みでしょう。
狂気の渦に飲みこまれることを期待していた方々には、不完全燃焼だったでしょうし。
5月に大フィル&準メルクル氏で聴いた時は、自然体でドライブさせる演奏だったので、指揮者の個性が浮き出る面白い曲だと思います。
熱いことで有名なコバケンさんでも聴いてみたいです。


さて、来週は今年度で一番楽しみな演奏会。
チケットを奮発して、世界三大オーケストラの実力を体感してきます。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -