2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20151205 第3回大ブルックナー展

井上道義さんと大阪フィルのブルックナーシリーズも今回で3回目!
前2回は名演で、毎回毎回が楽しみなシリーズです(^^)
今回は、おそらくブルックナーで1番人気の第4番「ロマンティック」、カップリングは広島原爆をテーマにした曲でした。

●メンバーと曲目
指揮:井上道義
演奏:大阪フィル

コンマス:田野倉雅秋


アールトネン:交響曲第2番「HIROSHIMA」
ブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」


前半は、広島の原爆をテーマに書かれた曲。
アールトネンはフィンランドの作曲家で、原爆投下4年後の1949年に書かれたそうです。
今年が終戦70年だから再演ということですが、同時に2011年の福島原発事故から4年後という符合も裏の狙いなのでしょう。

20世紀音楽で身構えていましたが、聴きやすいメロディーで、爆発する場面など情景描写も分かりやすい曲でした。
単一楽章で表題は無い曲ですが、私の印象はこんな感じ。

戦争の不穏な空気⇒喧騒⇒原爆の爆発⇒荒れ野原⇒昇天する魂⇒絶望の叫び⇒明かりが差してくる

大活躍はフルート!
爆発の後、魂を表すかのような大ソロもありました。

12/6には広島で演奏するらしいです。


後半は、いよいよブルックナーの4番!
井上道義さんは今回もダンス指揮を封印。
腰を据えて大伽藍を創り上げる手堅い演奏でした!

一例を挙げると、ブルックナーリズムの3連符では、一気に前進したくなるのを抑えて、一音一音足を進めていくなど。
いつもの道義さんのキャラなら、ガンガン進みそうですが、ブルックナーだとアプローチがまた違うのでしょう。

一番のハイライトは第4楽章フィナーレ。
1音ずつ上がる箇所のジワジワくる高揚感! そして最後に高らかに吹かれるホルン!
こうした演奏ができるのもオケの底力があるからでしょう。

この曲は活躍は何と言ってもホルン!
特に首席の高橋さんは最初から最後までソロだらけ。
途中で疲れも見受けられましたが、キメどころはしっかり決めてブルックナーの森の世界を創り出していました。
ブラボー!

この曲は昨年に別の指揮者&オケで聴いていますが印象ゼロ、ブログすら書いてません。
演奏するメンバーによって、出来栄えが全然変わってしまうことを改めて実感しました。
終演の17時過ぎにはもう暗くなっており、ホール前のイルミネーションが映える季節となりました。

20151205.jpg


今回も期待通り楽しめました!
次回の大ブルックナー展第4回は、2016年6月に1番。
だいぶ先で自分がその頃何をやっているか分かりませんが、このシリーズは追っていきたいものです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。