2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

245.jpg

モーツァルトのオペラ「魔笛」を観てきました!
芸術祭であるあいちトリエンナーレがプロデュースするという珍しいタイプの公演。

猫町藝術部の一員として参加です。
事前に、鈴木淳史さんのレクチャーを聞いてから、いざ会場の愛知県芸術劇場へ!
あいちトリエンナーレのプロデュース企画だからか、老若男女さまざまな観客が集まっていました。
262.jpg

265.jpg


●メンバー
演出・美術・照明・衣裳: 勅使川原三郎

指揮:ガエタノ・デスピノーサ
管弦楽: 名古屋フィル

賢者ザラストロ:妻屋秀和
鳥刺しパパゲーノ:宮本益光
王女パミーナ:森谷真理
王子タミーノ:鈴木准
夜の女王:高橋維
弁者&神官Ⅰ:小森輝彦
恋人パパゲーナ:醍醐園佳
侍女Ⅰ:北原瑠美
侍女Ⅱ:磯地美樹
侍女Ⅲ:丸山奈津美
従者モノスタトゥス:青栁素晴
神官Ⅱ:高田正人
武士Ⅰ:渡邉公威
武士Ⅱ:小田桐貴樹
童子Ⅰ:井口侑奏
童子Ⅱ:森季子
童子Ⅲ:安藤千尋

ダンサー&ナレーション:佐東利穂子

ダンサー:東京バレエ団
合唱: 愛知県芸術劇場合唱団

[※舞台の写真は、名古屋フィルtwitter、ぶらあぼhttp://ebravo.jp/archives/29017、から引用させていただきました]

幕が開いて、まず目を惹いたのが、シンプルな舞台セット。
モノクロな空間にリングがいくつか宙に浮いているだけ。場面の展開ごとに動くだけ。(ビッグサイズのリングも1度登場しましたが)

↓こんなの
Csq-sXpW8AAr5kH.jpg

だいぶ節約したなーとは思ったのは事実ですが(笑)、「魔笛」という教訓的・社会的なメッセージが強いオペラを、ここまでシンプルな舞台にしてしまうのはかなり勇気が必要だったことでしょう。
イマドキの演出だと、舞台を現代に置き換えちゃったりして、ザラストロをうさんくさい人にしたりと、いくらでも演出家の主張を押しつけがましくできそうなので。
私は、シンプルな方が好きです。

そして、これは"日本的"な演出だと思いました。
能舞台がセットを全く変えずに、寺や宴の場や夢の世界になったりするように、今の舞台が鳥刺しがいる森なのか、僧侶がいる寺院なのか、試練の岩山なのか、観客の想像力に委ねてしまう。

また、「これは何だろう?」と考えさせる点では現代芸術、例えばあいちトリエンナーレの作品群にも通じるものを感じました。
何しろ、港芸術監督は、「あいちトリエンナーレの120番目のアーティストが、モーツァルトです。」とおっしゃっているので。
見ただけで笑ってしまうモノスタトゥスの奇怪な姿、モノクロの世界の中でなぜタミーノは赤、パミーナは青の色なのか、などなど深読みしたくなるところだらけでした。


aa.jpg


この観客に主張を押し付けない方針は、大胆なナレーション構成にも感じました。
原作ではたくさんあるドイツ語のセリフ部を大胆にカットし、日本語のナレーションで要約してしまうので、サクサク物語が進みます。
[※当日の劇場での案内は、第1幕:60分、第2幕:75分。ちなみに1月に新国立劇場での上演では、第1幕:70分、第2幕:85分だったそうです。]
初鑑賞でもあらすじを追いやすい反面、ダイジェスト版のようになって軽くなってしまうという面も。
ちょっとやりすぎ?


さて、歌手陣ではまずパパゲーノの宮本益光さん!
コミカルな場面でもシリアスな場面でも切り替えて歌いこなす表現力が素晴らしかった!
その表現を、舞台上を鳥のように縦横無尽に飛び回りながら、ノリノリで楽しそうに歌いこなしていました!
こういうの好きそう。

CsdusCVUsAAa9Kb.jpg


最初の「俺は鳥刺し」の「ホイサッサ♪」から最後の「パパパパ♪」まで、「魔笛」のムードメーカー役として、オペラ全体をまとめていました。
個人的に、日本のバリトン歌手でトップ2に入る方なので、期待通り!


そして、パミーナの森谷真理さん!
失礼ながら存じ上げない方でしたが、なぜこれほどの歌い手がノーチェックだったのか!
自分の浅学さを感じました…。
舞台から遠い4F席だったのに、しっかりと情感が伝わってくる歌声でした!
特に、第2幕でタミーノに捨てられたと思って歌う哀切あるアリア「愛の幸福は永遠に消えて」が良かったです。

Csdw_1hUsAAyNfJ.jpg


森谷さんは夜の女王役を何度もこなしているそうで、どおりで胸に迫る表現力があるわけだと思います。
今後は演奏会で名前がないかチェックすることにします。


そして、オペラの屋台骨を文字通り支えていたのが、ザラストロの妻屋秀和さん。
包容力があって温かみがある声がこの役にピッタリ。
夜の女王に短剣を渡されて打ちひしがれているパミーナに語りかける、超低音のアリア「この聖なる殿堂では」が特に印象的でした。
Csq_slgW8AAzSKC.jpg


指揮のデスピノーザさんと、オケの名古屋フィルは控えめな印象。
オペラだとバランス上こんなものなのでしょうか。
パパゲーノの曲で活躍したフルートソロは、名フィルの誰が吹いていたのでしょう?

場面がどんどん変わって全然飽きず、あっという間に終演でした!
とっかえひっかえコロコロ場面が変わるのに破綻しない音楽構成に、モーツァルトの天才性を実感することができました。
また、勅使河原さんの演出が話題のオペラでしたが、実演を観るのは初めてだったのもあり、変な固定観念を持たず純粋に楽しむことができました。
終演後の食事とお酒もおいしかった!
290.jpg

ここまでシンプルにされると、かえって"普通"の「魔笛」も気になってきました。
機会があれば比較してみたいと思います。

スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。