2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

161231beethoven_sq_s.jpg

今年の聴き納めは上野の東京文化会館で。
14時から21時半までベートーヴェンの弦楽四重奏曲を9曲聴きまくるという物好きのためのコンサートです(^^)

●メンバーと曲目
第1部:古典四重奏団
<川原千真(Vn) 花崎淳生(Vn) 三輪真樹(Va) 田崎瑞博(Vc)>
弦楽四重奏曲第7番 ヘ長調 op.59-1「ラズモフスキーNo.1」
弦楽四重奏曲第8番 ホ短調 op.59-2「ラズモフスキーNo.2」
弦楽四重奏曲第9番 ハ長調 op.59-3「ラズモフスキーNo.3」

第2部:ストリング・クヮルテットARCO
<伊藤亮太郎(Vn) 双紙正哉(Vn) 柳瀬省太(Va) 古川展生(Vc)>
弦楽四重奏曲第12番 変ホ長調 op.127
弦楽四重奏曲第13番 変ロ長調 op.130
弦楽四重奏曲 変ロ長調 op.133「大フーガ」

第3部:クァルテット・エクセルシオ
<西野ゆか(Vn) 山田百子(Vn) 吉田有紀子(Va) 大友 肇(Vc)>
弦楽四重奏曲第14番 嬰ハ短調 op.131
弦楽四重奏曲第15番 イ短調 op.132
弦楽四重奏曲第16番 ヘ長調 op.135

まずは古典四重奏団でラズモフスキー3部作。
暗譜で研ぎ澄まされた鬼気迫る緊張感が相変わらずすごい。
その分、聴いている側も疲れるのですが…。
今日の気分では2番の第1楽章が好みでした。
20世紀の曲を聴いてみたいカルテットです。
特にライヒのdifferent trains!

続いてはストリング・クヮルテットARCOで12番、13番、大フーガ。
息をつかせぬ期待以上の大フーガでした!
高い技術力だけでなく温かみもあるカルテット。
第1ヴァイオリンが出しゃばらずに、4人とも対等に演奏している感じが好印象でした。
1人1人の音がよく聴こえたし。
何と言っても屋台骨を支えるヴィオラの柳瀬さんがGood!
弦楽四重奏はヴィオラが要です!

ラストはクァルテット・エクセルシオで14番、15番、16番。
驚きは無いものの手堅く期待通りの弦楽四重奏らしい演奏でした。
大大大好きな15番はやっぱり何度聴いても良い曲♪

終演したのは21:50!本当に長い演奏会でした。
思い残すことが無いぐらいベートーヴェンの音に溺れた1日でした。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -