2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

20170507 関西フィル「巨匠デュメイのベートーヴェン8」

以前、3年半ほど関西に住んでいた間にできなかったこと2つ。

①デュメイ氏のヴァイオリンを聴く
②いずみホールの演奏会へ行く

気長にチャンスを伺っていましたが、今回良いタイミングで大阪へ行く用事が!
用事が思ったより早く終わり、当日券も出てたので、無事に演奏会へ行くことができました。
思っていたよりコンパクトなホールだったので、当日購入でも席での音は特に気になりませんでした。

20170507.jpg


●メンバーと曲目
指揮&ヴァイオリン:オーギュスタン・デュメイ(★)
演奏:関西フィル

ヴァイオリン:内尾文香(☆)

コンマス:岩谷祐之


J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第1番(★)
J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番(★)
J.S.バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲(★)(☆)
ベートーヴェン:交響曲第8番

(アンコール/ビゼー:「アルルの女」第1組曲より「アダージェット」)


バッハもベト8も好きな曲!
バッハの協奏曲に至ってはなんと3曲ですよ!3曲!
これはすごい!
どれも好きな曲で、演奏会でずっと聴きたいと思っていましたが、まさか1度で聴けるとは!
この前半だけでも満席になっておかしくない演奏会なのに、ホール後ろの方は空席ばかりだったのはもったいないことです。
曲の知名度が低いのかな…。

前半は、デュメイ氏がヴァイオリンを持って颯爽と弾きまくり!
演奏姿からも圧倒的な余裕さがプンプンと出ていました。
清涼感があるキレイな音が奏でられ、ドラマティックさは出していないのに、気が付いたらオケと観客の心が持っていかれている…。
これぞ巨匠です。
プログラムノートによると、第1番は「バッハ的」で複雑、第2番は「イタリア的」で快活とのこと。
前者の方がオケとの絡みが難しそうでした。デュメイ氏のように上手くないと厳しそう。

内尾さんが加わっての3曲目は華やかに!
ブランデンブルグ協奏曲っぽく、2台のヴァイオリンの掛け合いが多くて楽しい曲。
内尾さんは物怖じせずに食らいついて堂々と対峙していた印象でした。
昨年は関西フィルとシベリウスの協奏曲を共演していたそうで、今後も経験を積んでどんどんスケールが大きくなりそうな奏者だと思いました。

前半だけでもうおなか一杯でしたが、後半はヴァイオリンを指揮棒に持ち替えて、ベートーヴェンへ。
こちらも颯爽とした演奏でしたが、リズム主体の曲だからかさほど違和感はなし。
4年前にブラームスの4番を聴いたときは、全く別物のイキイキした曲になっていたので。(それはそれで面白かったですけど)
初夏らしく気持ち良い演奏でした。


盛りだくさんの演奏会でした。
あー、名古屋でも演奏してくれないかな~。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -