2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170909 名古屋フィル第449回定期

●メンバーと曲目
指揮:井上道義
演奏:名古屋フィル

ヴィオラ:ウェンティン・カン

コンマス:田野倉雅秋


ストラヴィンスキー: 交響詩『夜鳴きうぐいすの歌』
ウォルトン: ヴィオラ協奏曲
ペルト: フラトレス (弦楽と打楽器)
ヒンデミット: ウェーバーの主題による交響的変容


当初予定していたブラビンズ氏は親族の病気で降板。今シーズンのプログラム発表から楽しみにしていたのに残念…。
急遽、代振りとなったのは井上道義さん、観てても面白くてけっこう聴きに行く指揮者なので不満は無し。
何がすごいって、このマニアックな曲目で藤倉大さんの新作以外はそのまま引き受け、見事に演奏会をやり遂げたということです。いやはや。
指揮もノリノリだったし、けっこう道義さんの好みの曲目だったのかな?

1曲目のストラヴィンスキーから、道義さんが踊る踊る!
短い断片が次々につながって場面が変わっていく。中国風のメロディーも混じったり。

個人的なハイライトはヴィオラ協奏曲。ウェティン・カンさんは曲の雰囲気にピッタリのブルーのドレスで登場。
第1楽章の切々と語るメロディーのヴィオラ独奏から良い感じ。
もう夏も終わって秋の入り口となる9月にピッタリ。
陽性のオケの音と対照的な陰性のヴィオラの音の深みが魅力的な曲でした。
たいていの楽器の協奏曲はソリストがキラキラ前面に出るものなのに、逆で面白い。

面白かったのはペルトのフラトレス。道義さんが加えたセンス良い1曲。
一聴すると、教会音楽のような瞑想的でポリフォニックなメロディーが弦楽器で演奏されるというキレイな曲。
でも、癒しは無くどこか落ち着かない。(※不協和音が使われているらしい)
しかも、合間合間でどこか遠くにいるクラベスとバスドラが合間合間で不穏な中断を繰り返す。
夢と現実の対比、平和な日常が崩壊する予兆の不穏さ、を感じる曲でした。


全て20世紀作品というマニアックさでしたが面白い作品ばかり。いいね!
予想通り空席が目立ちましたが、定期演奏会たるもの名曲全集ばかりではなく、時々はこういう意欲的なプログラムも見識を広げるために入れてほしいものです。
来年度のシーズンプログラム発表は10月らしいので、楽しみにしていましょう。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。