FC2ブログ
2018 / 08
≪ 2018 / 07 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2018 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20180414 サラマンカ大学創立800周年記念コンサート「魅惑のスペイン」

盛りだくさんのプログラムですっかりスペイン音楽に"魅惑"された演奏会でした。

ホールの名前にもなっている"サラマンカ"はスペインの都市。
何でも、現地の古いパイプオルガンを岐阜県に工房を構える辻宏さんが修復し、県もそれをバックアップしたことから縁が始まったそうです。
今回は、サラマンカ大学の800周年(!)の記念コンサートだそうです。

●メンバーと曲目
指揮:ロベルト・フォレス・ヴェセス
演奏:名古屋フィル

ギター:カニサレス(★)

能舞:辰巳満次郎(☆)
パイプオルガン:鈴木優人(☆)

ブラームス:大学祝典序曲
アルベニス:スペイン組曲より「グラナダ」(管弦楽版)
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲(★)
(アンコール)カニサレス:深淵(ブレリアス)

※創作能舞:サラマンカ SALAMANCA(☆)
 カバニエス:第二旋法によるティエント
 メシアン:「キリストの昇天」より第2曲、第3曲
 J.S.バッハ:ヨハネ受難曲より第2部第40曲「ああ、主よ、あなたの愛らしい天使を」

グラナドス:歌劇「ゴイェスカス」間奏曲
ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」第1組曲、第2組曲
(アンコール)アルベニス:スペイン組曲より「セビーリャ」


クラシックコンサートでは珍しいスペイン尽くしのプログラム!
しかも、途中で能&パイプオルガンも追加されて盛りだくさんに。

前半は何と言ってもカニサレスさんのアランフェス協奏曲。
比較的メジャーな曲ですが、こんなに濃厚なアランフェスを聴いたのは初めて!!!
よくあるキレイな演奏というよりは、スペインの"土臭さ"がある演奏という印象でした。
フラメンコギタリストらしく情熱と哀愁の表現がすごい!
特に、第2楽章の哀愁漂うメロディーでは醸し出される色気がムンムンで聴き惚れてしまいました。
一度こんな演奏を聴いてしまったら、今後他の奏者の演奏を聴く時には淡白で物足りないと思ってしまいそうです。
アンコールの超絶演奏もすごかったです。
拍手喝采の盛り上がりがフラメンコのライブ会場状態でした!


後半はまず創作能舞。
コンサートホールで、パイプオルガンの演奏で、面を付けた能楽師が謡い舞うというシュールな光景が展開。
さながらコンテンポラリーダンスのようなステージでした。
最初、暗闇の中で能楽師の方の床を足で叩く音が、ドスンドスンという能楽堂とは全然違う響きだったので何事か起きたのかとビックリ。
両者に共通する「祈り」をキーワードにし、短いながらも、正体不明の人物→正体表す→舞う→成仏(?)という能楽の基本構成は押さえている展開でした。
意欲的で面白い企画でした!
スペインから来ていた方々がどういう印象を持たれたのか感想を聞いてみたいところです。

ラストの「三角帽子」はロベルト・フォレス・ヴェセスさんのノリノリっぷりが全開!
思わず身体を動かしたくなるリズムをオケから引き出せるのもスペイン人だからこそでしょう。
特に終幕の踊りの「ホタ」はまさに情熱のスペインといった感じで、高らかにオケが歌い上げていました。

すっかりスペイン音楽に"魅惑"された演奏会でした。
フラメンコ&ギターもいつか鑑賞してみたいです。


終演後はアトリウムがスペインバル風屋台に!
気になったのでチケット買って突入!
ギターカルテットの演奏を聴きながら、スパーリングワイン、赤ワイン、おいしいハム、パエリアetc…を夢中で堪能。(写真撮り忘れていました…)
気持ちよくホールを後にすることができました(^^)
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。