FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

DfNZrfLX4AA-JYW.jpg

ホーネックさん&名古屋フィルのしらかわホールでの演奏会へ行ってきました。
このコンビは前聴いて良かったのでもう1度聴きたかったんです。
全開は、2012年の1月のシューベルトツィクルスでした。(そんなに前だったか…)

●メンバーと曲目
指揮&コンマス(後半):ライナー・ホーネック
演奏:名古屋フィル

ピアノ:菊池洋子
トランペット:宮本弦

コンマス(前半):郷古廉


ハイドン:交響曲第49番「受難」
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番
モーツァルト:ディヴェルティメント第17番
(アンコール/モーツァルト:行進曲二長調K.445)


ウィーンフィルで長くコンマスを務めたホーネックさんだけに、全体的に弦の響きの美しさを堪能できたプログラムでした。

前半は、まずハイドンでウォーミングアップ。
そして、2曲目のショスタコーヴィチのピアノ協奏曲が面白かった!
「ホーネックさんと菊池さんなら普通はモーツァルトでしょ?なんでこの曲を?」
と思っていましたが、こういうキレイめな演奏も新鮮で面白い。
プログラムの解説にも「新古典主義的な響き」とありますし、コンパクトな弦楽配置はモーツァルトを思わせるし、と考えるとなかなかの趣向ですね。
もちろん、トランペットの宮本さんも大活躍。第4楽章の超高速パッセージの吹きこなしもお見事でした!

後半のディヴェルティメントは、名フィルの弦の豊かな響きによる優雅さを思う存分堪能。
40分以上の長丁場となる曲ですが、最後まで綻びなく弾ききっていたのがすごかったです。
コンマス席で弾きぶりしているホーネックさんの強い統率力だからでしょう。
何しろ客席から見ててもプレッシャーがすごそうで…。
楽団員の皆さんはお疲れ様でした。2日公演だったら体力が持たなさそう。

アンコールはモーツァルトの行進曲。
「ディヴェルティメント第17番が演奏される際に、入退場の音楽として、セットで演奏された曲」だそうです。
ホーネックさんが英語で短い解説をし、「屋敷へ出入りする様を想像して聴いてみてください」みたいなことをおっしゃっていました。


比較的メジャーでは無く、ややマニアックプログラムでしたが、良曲と確かな演奏で大いに満足した演奏会でした。
しらかわホールは8月から約1年工事だそうですが、このコンビを次に聴けるのはいつの日か…。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -