2018 / 06
≪ 2018 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2018 / 07 ≫

20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (1) 20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (10)

岐阜サラマンカホールのジャコバン国際ピアノ音楽祭in岐阜へ。
フォルテピアノ、ジャズ、絵画コラボと、三者三様のピアノ演奏を聴けて盛りだくさんでした!
これでたった3000円とは…。
アトリウムで開催されているアペリティフin岐阜で、幕間にはワインやフランス料理も堪能。
14時開演、20時半近く終演と長丁場でしたが、至福の1日でした。

20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (5) 20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (4)

<Ⅰ. 小川加恵 ~フォルテピアノで聴く名曲たち~>
●プログラム
※湿気のため曲目変更あり
F.ショパン:夜想曲第●番?
W.A.モーツァルト:幻想曲?
J.N.フンメル:モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」の主題による幻想曲 ハ長調 作品124
F.ショパン:夜想曲第2番
C.シューマン:夜の音楽会 へ長調 作品6-2 ノットゥルノ
R.シューマン:幻想曲 ハ長調 作品17 第1楽章
F.ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66

マチネ前半は小川加恵さんの「フォルテピアノで聴く名曲たち」
1835年頃のピアノなので現代のグランドピアノとは音色が異なり音量は小さめ。
特に低音はくぐもった感じ。
ロマン派当時の作曲家のイメージするピアノはこういう音なのか、と。
特に、R.シューマン「幻想曲」は好きな曲なので注目していましたが、心の揺れ動きの表現がこのフォルテピアノの音に合っているように感じました。
終演後は観客がぞろぞろとステージに上がって間近でフォルテピアノを鑑賞。美術品としても美しかったです。

20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (2)

幕間アペリティフはデザートタイム。ワインも。


20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (6)


<Ⅱ. レミ・パノシアン ~いま、フランスでもっともアツいジャズ・ピアニスト~>
Two Girls
Long time no sea
Monk's Dream
Angel exctract from Hana-bi(映画『花火』よりAngel)
Caravan
Why are you falling Down
Point it Black(Paint it Black?)
Merry Christmas Mr.Lawrence(映画『戦場のメリークリスマス』)
The Mirror
SHIKIORI
(アンコール:枯葉、など)

マチネ後半はレミ・パノシアンさんのジャズピアノ。
前半とのギャップが激しすぎるけど、ジャズも大好きなので大歓迎。
ヨーロッパのジャズマンらしく、土臭さが無い、クールでメロディックな演奏でした。
「Caravan」はスリリングで勢いのある演奏で大盛り上がり! かっこいい!
ジャズライブでピアノの弦を押さえながら弾くプリペアドな奏法を聴いたのは初めてでした。

20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (11)

幕間アペリティフはアルザス・フェスタ。アルザスワインの飲み比べも。


20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (7)


<福間洸太朗 ~絵画に魅せられて~>
徳山美奈子:「序の舞」(2018年委嘱作品)
   / 上村松園作 「序の舞」
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
   / ベラスケス作「ラス・メニーナス」
グラナドス:組曲「ゴイエスカス」より補遺『わら人形』
  / ゴヤ作「わら人形」
デッサウ:ゲルニカ(1937)
   / ピカソ作「ゲルニカ」
ドビュッシー:「水の精」( 前奏曲第2集より)
/ ラッカム作「 オンディーヌ」
ドビュッシー:「金色の魚」( 映像第2集より)
   / 南州作「金色の鯉」
ドビュッシー:「月の光」( ベルガマスク組曲より)
   / ボンヴァン作「民家のある月光の風景」(※絵は福間洸太朗の選)
ドビュッシー:「喜びの島」
   / ワトー作「シテール島への巡礼」
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
/ ハルトマン作 絵画&スケッチ
(アンコール/ショパン:24の前奏曲第15番「雨だれ」、シャンソンメドレー)

20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (8) 20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (9) 20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (3)

ソワレは福間洸太朗さんの絵画と音楽のコラボ。
両方大好きな身としては興味津々なプログラム。
舞台上の大スクリーンに絵を映しながらの演奏でしたが、曲の演奏に合わせてズームしたり動いたり。
福間さんが編集し、当日は別の方がサポートで操作していたようです。
「亡き王女~」の冒頭のメロディーが流れる時は主役の王女、中間部は周囲の人々へフォーカスするなど、福間さんの解釈が前面に出ていたのが面白かったです。

演奏は、音の粒がとにかくキレイなピアニストでした!
ラヴェルやドビュッシーはイイですね。
特にドビュッシーの「月の光」の美しさはウットリして鳥肌ものでした。
これは追っかけのファンがいそう。
また、最後の「展覧会の絵」ではドラマティックな演奏も披露。
5月末は横浜でバーンスタインの「不安の時代」を聴かせていただきましたが、やはり室内楽でこそ映えるピアニストですね。
将来の活躍を期待です。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30