FC2ブログ
2018 / 12
≪ 2018 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2019 / 01 ≫

20180909 ぎふ未来音楽展

普段聴かないタイプの音楽を聴きたくなり、現代音楽の演奏会があるという情報を入手して、岐阜のサラマンカホールへ行ってきました。
すごくマニアックながら、一柳さんや宮田さんという有名な方もいらっしゃるからか、客席はパラパラと人が入っていました。
テーマは「岐阜の四季と未来の音楽」とのこと。

<未来へのファンファーレ>
福島諭:《CRACK》 for trumpet and computer(世界初演)
[トランペット:三浦彩夏、コンピューター:福島諭]

トランペットが奏でた断片をその場で録音&処理してリフレイン。
生演奏と録音が重なり共鳴していくのが面白かったです。
録音が増えてくると、奏者が実際に演奏しているのかが良く分からなくなってくる
⇒この境界の融解が未来的?


<春の歓び>
メシアン:鳥たちの深淵(『世の終わりのための四重奏曲』より)
[クラリネット:板倉康明]

客席の後ろから演奏。
メシアンらしい鳥っぽいさえずりも。


<夏の饗宴>
雅楽古典曲:壱越調調子
一柳慧:星の輪
[笙:宮田まゆみ]

現代における笙のトップランナーである宮田まゆみさんの登場
1番印象に残った演奏です。
ホールに響きわたる笙の音色が心地よかったです!!

古典曲はいかにも宮廷で演奏されていそうな雅楽っぽい響き。
目の前の人を相手にしていない感じ。
それに対し、「星の輪」は現代の和音がちらほら聴こえるし、メロディーを吹いてるし、"現代の"楽器のように弾いているのが妙な感じ。
詳しいことは専門家に聞くとして、伝統的な奏法とは異なる曲なんだろうなと思いました。




<秋の牧歌>
武満徹:径
[トランペット:三浦彩夏]

客席の後ろから演奏。
何かをつぶやくような音の連なり。
「ヴィトルド・ルトスワフスキへの追悼」という副題があるそうです。


<冬の情景>
一柳慧:限りなき湧水(1990)
[ピアノ:一柳慧]

日本の現代音楽の重鎮が自らピアノ演奏。
水の情景を表している曲だからか流れるように聴けました。
音がヒリヒリとんがっている曲ばかり作ってるイメージの方だったので、こんな曲も作っていたのかと意外。


<未来へのフィナーレ>
安野太郎:「オルグ」~パイプオルガンとゾンビ音楽の為の
[オルガン&コンピューター:安野太郎]

大小4種のリコーダーにコンプレッサーで空気が送り込まれ、運指が自動で押さえられて演奏される。
なかなかシュールな光景。
作曲家本人は上でパイプオルガンを演奏。
ここまでするならパソコンで音を作ればと思ってしまうんですが、あえてそうはしないのが面白いですね。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -