FC2ブログ
2019 / 01
≪ 2018 / 12 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2019 / 02 ≫

20181013 名古屋フィル第461回定期~ゲーテ『ファウスト』~

●メンバーと曲目
指揮:小泉和裕
演奏:名古屋フィル
共演:中部フィル

第1ソプラノ:並河寿美
第2ソプラノ:大隅智佳子
第3ソプラノ:三宅理恵
第1アルト:加納悦子
第2アルト:福原寿美枝
テノール:望月哲也
バリトン:宮本益光
バス:久保和範

合唱:グリーン・エコー
合唱:名古屋市民コーラス
合唱:名古屋混声合唱団
合唱:一宮第九をうたう会
合唱:名古屋シティーハーモニー
合唱:クール・ジョワイエ
児童合唱:名古屋少年少女合唱団

コンマス:後藤龍伸


マーラー:交響曲第8番『千人の交響曲』


土曜公演は完売!
名フィル定期では初めて取り上げる曲だそうですが、よくもまあ聴きやすいとはいえない長い曲でチケットが売れるものですね。
物好きと合唱団の関係者が多いのかも。自分も物好きの1人ですが(笑)

20181014 舞台写真

↑写真は名古屋フィルTwitterより

『千人』と言えばまずは演奏者の人数。
総勢500人弱がステージ上にビッシリ並ぶ様相は圧巻でした。(一覧表によると497人、Twitterによると499人参加していたとのこと)
冒頭で、「Veni, creator spiritus~♪」と合唱団から一斉に放たれる歌声の音圧のすごさといったら!
前の方の席をどけてステージを増設しているようで、確かに愛知芸劇コンサートホールではこの大人数をステージには載せられないでしょうね。


曲は休憩なしの約80分。
4F席で全体を見渡しながらじっくり鑑賞できました。
ただ、周りで居眠り続出…。
聴く方も体力使うのは分かっていたので、しっかり家で昼寝をしてから臨んで正解でした。

大人数による迫力があってドラマチックな箇所も魅力ですが、個人的に好きなのは第2部冒頭の物静かで室内楽的な箇所。
ここがあるからこそ、第2部でソリストと合唱が歌い継いでいく場面が引き立つわけで。
私は『ファウスト』でファウストが「とまれ、お前はいかにも美しい」と叫んで倒れてから人生の走馬灯が流れている音楽だと感じたんですが、実際どうなんでしょう?


オケは特に金管が大活躍。安土さん率いるホルン隊はさすが♪
弦楽も長丁場で大変そう。チェロ首席の太田さんがいつもに増してグイグイ弾いていらっしゃいました。
金管バンダは、第1部と第2部のフィナーレで登場でしたが、4Fだとステレオ効果がよく分かりませんでした…。

ソリストや合唱団の奮闘は言うまでもないですが、オーケストラの音にかき消される場面が多かったのが非常に残念。
歌声が思ったよりも4Fまで飛んでこなかったし…。
音のバランスが悪いのか、はたまたホールの響きが悪いのか。
また、生演奏で聴く機会があったら比べてみたいものです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -