FC2ブログ
2019 / 06
≪ 2019 / 05 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2019 / 07 ≫

20190112 コパチンスカヤ

2019年の演奏会聴き始めにして、いきなりベスト公演の候補入りです。

コパチンスカヤは2012年11月にプロコフィエフの協奏曲を聴いて衝撃を受け、かねてからもう1度聴きたいと思っていたヴァイオリニストです。
今回、名古屋での公演情報が出てからずっと楽しみにしていました。

※その時のブログ記事はこちら
「12.11.18兵庫芸文オケ、第56回定期演奏会~井上道義&コパチンスカヤのプロコフィエフ~」
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-252.html


●メンバーと曲目
ヴァイオリン:パトリシア・コパチンスカヤ
ピアノ:ポリーナ・レシェンコ

プーランク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
C.シューマン:ピアノとヴァイオリンのための3つのロマンスOp.22より第1曲
バルトーク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第2番Sz.76
エネスク:ヴァイオリン・ソナタ第3番イ短調≪ルーマニアの民俗風に≫
ラヴェル:ツィガーヌ

(アンコール)
ギア・カンチェーリ:Rag-Gidon-Time
フォーレ:ヴァイオリンソナタ第1番イ長調作品13から第3楽章アレグロ・ヴィヴォ


やたら男性客が多かったです。
まあ、かわいいですからねー。
ポスターだけでなく実物も裏切らないかわいさでした。
後で調べたら1977年生まれだそうでビックリ! え!?


さて、コパチンスカヤは緑のドレスで登場。
しばらくは椅子に座っての演奏、最初は裸足だったけど途中からスリッパ履いてたし、調子が悪かったのかな?

演奏はテンポが気ままに減速・加速してドライブ感グイグイだったし、音のスライドもガンガンするしで、"模範的"な演奏では全然無い。
"話す"言語がそもそも違うという感じ。
"普通の"演奏がルーマニア語から翻訳した後のフランス語やドイツ語だとしたら、コパチンスカヤはルーアニア語をそのまま話している感じ。
ロマっぽいとも言えるのかも。
もしくは、「のだめカンタービレ」の"のだめ"がヴァイオリニストだったらこんな感じかも。
賛否は分かれそうですが、私は大いに楽しめました。
あと、演奏中に時々目がクリクリ動くのがかわいい。

この自由奔放なヴァイオリンに合わせるピアノもすごい!
"伴奏"ではなく、ガッツリ組んでの1対1のセッション相手でした。
打楽器かのような強烈な打音もあれば、速いパッセージもお手の物で、コパチンスカヤの方向性を壊さずに見事に曲をまとめ上げていました。
ただの伴奏者かなとノーチェックでしたが、何者なんだこの人は。


1番楽しみにしていたのはラストのツィガーヌ。
このメジャーな曲をどう料理してくれるか。
それまで座っていた「コパチンスカヤが立った!」、スリッパも脱いでブーストモードに。
気のせいか音の響きもさらにアップしたような。
最初の無伴奏の箇所から、ピアノが入ってきて、最後のフィナーレの盛り上がりまで、ポカーンとしながら圧倒されるばかりであっという間。
さながらロックのライブ状態でした。


アンコールは2曲。
ギア・カンチェーリは、気ままなネコみたいなオチャメな曲でした。
↓Youtubeにご本人の動画があったのでご参照あれ。



終演後は居合わせた猫町倶楽部の方々と楽しくお喋りをしてきました。
あまりクラシックを聴かない方でも今日の演奏会は退屈しなかったようです(^^)
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -