FC2ブログ
2019 / 08
≪ 2019 / 07 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2019 / 09 ≫

20190127 石田組@豊田市コンサートホール

神奈川フィルのコンマスを初めとして、様々なユニットで活躍している石田泰尚さん。
コンマス&ソロは神奈川フィルの演奏会で何度も聴いてます。
(神奈川フィルで聴いた協奏曲:コルンゴルト、ニールセン、シューマン、ヴィヴァルディ「四季」、ブラームス(二重)、モーツァルト(二重))

ただ、この"硬派な男達による弦楽アンサンブル"石田組を聴くのは今回が初めてでした。
2014年結成で評判は気になっていたのですが、聴く機会が無く…。
今回、良いタイミングで豊田まで来てくれたので行ってきました。


●メンバーと曲目
ヴァイオリン:石田泰尚、塩田脩、村井俊朗、双紙正哉、丹羽洋輔、山本翔平
ヴィオラ:中村洋乃理、萩谷金太郎、鈴村大樹
チェロ:金子鈴太郎、辻本玲、森山涼介
コントラバス:米長幸一

※前半
ラター:弦楽のための組曲
チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調op.48

※後半
ホルスト:セントポール組曲
モリコーネ(近藤和明編曲):ニュー・シネマ・パラダイス
E.バーンスタイン(近藤和明編曲):荒野の7人
ディープ・パープル(近藤和明編曲):紫の炎

※アンコール
クライスラー(大橋晃一編曲):美しきロスマリン
ヴィヴァルディ:「四季」より"冬"第2楽章
三木たかし(松岡あさひ編曲):津軽海峡冬景色
U.K.(近藤和明編曲):シーザーズ・パレス・ブルース


クラシックとロックが混在しているカオスなプログラム。
掴みの要所はイギリス物にしているような気も。



↑参考動画。これよりもっとノリノリで迫力ありました。



前半はスーツ&ネクタイでキッチリのクラシック演奏モード。
軽快なラターの小さな組曲から。
イギリス民謡を用いているそうで、口ずさみたくなるメロディーが満載で掘り出し物の佳曲でした。

そして、弦楽セレナードはもう絶品!出だしの有名な全合奏の旋律を聴いた時からゾワワとしてました。
意外に生演奏では初めてでしたが、13人だけとは思えない響きの広がりがあって美しい演奏でした。
響きが美しいのは、アンサンブルの息が合っているのはもちろん、石田"組長"の美音を邪魔しない"組員"を見事に揃えていることが大きいのではないかと。
"声"が大きい人がいるとかき消されてしまうんですよね。


後半はネクタイを外し、黒1色のラフな服装に。
徐々にホールが暖まってきましたよー。
永遠の名旋律のニュー・シネマ・パラダイス、かっこいい荒野の7人。

そして、会場をノリノリの渦に巻き込んだディープ・パープル。
石田組長がロックスター状態になっていて、全身全霊で動き回って弾きまくり。これだけやりたい放題に弾いてるのを観たのは初めてです(笑)
エレキギターの旋律を弾く組員たちのアシストも完璧。
客席から歓声が上がってたし、前半とは全然違う雰囲気になってしまいました(笑)

アンコールはなんと4曲!
まさかの津軽海峡冬景色(笑) 石田組長が頭にかぶった"アレ"はいったい…。
ラストは、ノリノリのプログレで盛り上げて締めでした。


楽しい演奏会でした!
愛知ではまだあまり馴染みが無いであろう石田組ですが、どういう風に皆さんは感じたことでしょう。
物販のCDがすごい勢いで売れていたのと、組員総出の見送りでの人だかりを見るに、有望だという印象ですけどね。

a.jpg

さて、5月には石田組長のブロッホの協奏曲を目当てに神奈川フィル定期に遠征でございます。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31