FC2ブログ
2019 / 07
≪ 2019 / 06 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2019 / 08 ≫

20190525 名古屋フィル第468回定期

名古屋フィルの演奏会へ行ってきました。
外は30℃越えの暑い日でしたが、ホールは清涼なシベリウスの演奏で満たされて、大いに涼むことができた演奏会でした(^^)

●メンバーと曲目
指揮:カーチュン・ウォン
演奏:名古屋フィル

ヴィオラ:ルオシャ・ファン
コンマス:日比浩一

バルトーク:ハンガリーの風景
バルトーク:ヴィオラ協奏曲[シェルイ補筆版]
シベリウス:交響曲第6番
シベリウス:交響曲第7番


ご覧のとおり、マニアックな曲目。
シベリウスも2番はメジャーですが、6と7って?
しかし、よく知らない曲目でも、行って聴いてみると発見があって面白いというのはよくあること。
さらに、カーチュン・ウォンさんは、2年前の神奈川フィル定期でのラフ2の評判が良くて、今年も11月定期に再登場。
神奈川フィルを応援する方々からも強くオススメされていたので期待していました。
客席が思いのほか埋まっていたのも、評判を聞きつけた人が多かったからでしょうかね。

何と言っても、後半のシベリウスが1番印象的でした。
カーチュン・ウォンさんは、弦を思う存分鳴らし、テンポ良くハキハキしていて、聴いていて気持ち良い演奏。ちなみに暗譜。
演奏が若いですねー! 1986年生まれだって。

名古屋フィルの弦がこれだけガンガン鳴らしていることはあまりない気がします。
あと、最後列にコントラバスが横一列になっていて、低音の左右バランスが良くなっていました。
1stVn,2ndVnの対向配置も、この曲ではメロデイーの受け渡しがステレオ効果になっていて効果的だったので納得。

予習では心安らかになって眠くなったりしてましたが、今日の演奏で退屈は全然しませんでした。
ただ、こういう勢いがある演奏を聴くと、逆に弦が控えめで木管などのメロディーがかき消されずにしっかり聴こえる演奏も聴いてみたくなるという天邪鬼ではあります(笑)

余談ですが、コラムの水野みか子先生の「『新しさ』よりも『心地よさ』と『快適さ』に向けてデザインされたシベリウスの音楽」という端的な表現はシックリきました。


前半は相対的に印象が薄くなってしまいました。
「ハンガリーの風景」は小品ながらバルトークらしい民謡メロデイーが出てきてカワイイ曲たち。

ヴィオラのキンキンしない艶やかな音色は大好きですが、バルトークの曲は印象薄し。
2017年の名古屋フィル定期で聴いたウォルトンの方がヴィオラの陰性が強く出ていて好みです。


さて、次の名古屋フィルは7月定期の予定。
ブラビンズ氏は2017年に降板で聴き逃したので、かなり久しぶりです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -