FC2ブログ
2019 / 12
≪ 2019 / 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2020 / 01 ≫

20190825 木曽音楽祭 (1)

諏訪旅行の帰りがけに木曽福島で途中下車して音楽祭へ寄り道。
アチコチから名手を集めていて、毎年チラシを見かけるたびに気になっていたので、一度訪れてみたい音楽祭でした。

IMG_7416.jpg
木曽福島駅からバス乗車。駅前に看板も。

20190825 木曽音楽祭 (2)
開場前は、この音楽祭名物だというアルペンホルンのファンファーレ。



IMG_7422.jpg

周りが山に囲まれている場所なので、木曽だからこその工夫ですね。


●メンバーと曲目
メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲 ホ長調 op.20
 ヴァイオリン:白井圭・漆原啓子・加藤知子・水谷晃
 ヴィオラ:佐々木亮・大島亮
 チェロ:伝田正則・山崎伸子

ブラームス:アルトのための2つの歌 op.91
 メゾソプラノ:白井光子
 ヴィオラ:村上淳一郎
 ピアノ:寺嶋陸也

ブラームス:セレナード 第2番 イ長調 op.16
 フルート:佐久間由美子・山本葵
 オーボエ:古部賢一・浅原由香
 クラリネット:山本正治・金子平
 ファゴット:岡本正之・河村幹子
 ホルン:日橋辰朗・日高剛
 ヴィオラ:佐々木亮・村上淳一郎・大島亮
 チェロ:辻本玲・山崎伸子
 コントラバス:星秀樹


アチコチのオケ首席やソリストがそろい踏み。音楽祭っぽい。

※以下、演奏写真は「木曽文化公園twitter ‏@kisobunka」より引用です。

20190825 木曽音楽祭 (3)
1曲目はメンデルスゾーンの八重奏曲。
分かっていても高揚する怒涛のフィナーレで、名手たちの一糸乱れぬ演奏にただ呆然。
過去に別の音楽祭で聴いた時はこの曲がトリだったのですが、敢えて最初に持ってくるのが木曽音楽祭の特徴を表してる気がします。
チェロの山崎伸子さんはときおりニコニコ。そして、何気に神奈川フィルからヴィオラの大島さんがいらっしゃるのです。


20190825 木曽音楽祭 (4)
2曲目はブラームスの2つの歌。
アルト&ヴィオラ&ピアノという珍しい編成。
地味ながらしっとりした良曲。
白井光子さん、お初でしたが小柄な見た目に反して堂々とリードを歌い上げていてビックリ。ドレスがピンク!
ドイツリートで長く活躍されているすごいお方なんですね。


20190825 木曽音楽祭 (5)
ラストはブラームスのセレナード2番。
あちこちのオケ首席やソリストの16人の名手が一堂に。さながらミニオケ。
こういう豪華な光景も音楽祭ならでは。
心穏やかに光に包まれているような曲でした。
ヴァイオリン不在編成でヴィオラが表に出てくるのは良いですねー。


20190825 木曽音楽祭 (6)
今日で最終日だったので最後は全員登場。壮観です。

公演前後や休憩中の話し声を聞くと、何回・何十回と来ている方も多いようですが、これほどのクオリティなら納得です。
スポンサーサイト




この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -