FC2ブログ
2020 / 04
≪ 2020 / 03 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2020 / 05 ≫

20191123 バッハコレギウムジャパン

●メンバーと曲目
指揮&チェンバロ:鈴木優人
演奏:バッハ・コレギウム・ジャパン

バッハ:ブランデンブルク協奏曲 全曲


今日はバッハ・コレギウム・ジャパン(略称:BCJ)のブランデンブルク協奏曲へ。
バッハですが、重苦しい宗教曲ではなく、軽やかな掛け合いが楽しくて大好きな曲です。
マタイ受難曲のような重厚な作品も好きですけど、ブランデンブルクはクラシック初心者にもオススメできると思っています。

全曲聴くのは2回目で、前回は5年半前のフライブルク・バロック・オーケストラでした。
こちらは今回のBCJに比べるとノリノリで躍動感がある演奏で、私は好みでしたが。

※参考
「14.02.11 フライブルク・バロックオケ「ブランデンブルク協奏曲全曲」」http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-275.html

BCJは4月に東京でマタイ受難曲を聴いたばかり。
今回は器楽曲なので、歌唱無しで器楽前面でのBCJの魅力が楽しめると心待ちにしていました。
何しろ古楽の名手揃いですからね。


※参考
「19.04.21 バッハ・コレギウム・ジャパン《マタイ受難曲》」http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-370.html


演奏順は前半[1→6→2]、後半[4→5→3]
前半に♯系の曲、後半に♭系らしいですが、私の本命は後半3曲。

今回の個人的なハイライトは4番。
若松さんのヴァイオリンソロが素晴らしかった!
難しそうな旋律を涼しい顔で弾いてましたけど。さすがコンマス。
楽団員の演奏も一気に引き締まったように見えました。
あと、リコーダーの音色が良いんですよね。
演奏はアンドレアス・ベーレンさんと山岡さんでした。


あと、5番の優人さんのソロチェンバロは「来るぞ!」と分かっていてもやはり圧巻の演奏でした。
指がどう動いているか分からない超スピードで繰り出される色彩豊かな音でホールがいっぱいに。
フラウトの鶴田さん。伸びやかで楽しげな音色にウキウキさせて頂きました。


至福の音色に包まれてホッコリ満足した演奏会でした。
この曲は、色々な楽団で聴き比べてみたいですね。
スポンサーサイト




この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -