FC2ブログ
2020 / 07
≪ 2020 / 06 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2020 / 08 ≫

EQTwQ7MUwAAsr2i.jpg

フランスのチェンバロ曲を堪能してきました。
18世紀の華やかな宮廷文化を感じる曲ばかり。
快眠BGMのイメージが強かったですが、ライバルやお喋りを描写する曲など色々でした。
中野振一郎さんがすごく喋る方とは知りませんでした。
分かりやすくて笑いも取って、貴婦人のファンが増えたことでしょう(^^)


クラシックが好きとは言っても、バロック、特にチェンバロは全然聴かないジャンル。
ちょうど午後の予定が空いている日に、トップ奏者の中野振一郎さんが四日市まで来てくださると知り、敢えて飛び込んでみました。
チケットが1500円と映画館並みのお安さというのも手軽で良いところ。


●メンバーと曲目
チェンバロ(クラヴサン):中野振一郎


F.クープラン:「恋のうぐいす」
F.クープラン:「刈り入れをする人たち」「優しい恋わずらい」「神秘のバリケード」「おしゃべり」

〈ヴェルサイユの悪魔と天使〉
A.フォルクレ:「フォルクレ」「クープラン」
F.クープラン:「高慢、別名 フォルクレ」

〈大バッハのライバル?〉
L.マルシャン:組曲 ニ短調「プレリュード」「アルマンド」「クーラント」「サラバンド」「ガヴォット」「シャコンヌ」

〈2人のアントワネット ~革命前夜の音楽~〉
J.Ph.ラモー:「ミューズたちの語らい」
J.Ph.ラモー:「メヌエット」「めんどり」
C.B.バルバトル:「リュジャック」「マルゼルブ」
マリー・アントワネット[中野振一郎 編曲]:「そは我が恋人」「哀れなジャック」
J.デュフリ:「アルマンド」「ドゥ・ブロムブル」「三美神」「ヴィクトヮール」

※アンコール
ルイ・クープラン:「勇ましさ」



印象的だったのは、フォルクレとクープランがお互いを描写した曲。
フォルクレは高慢でかなり激しい性格だったようで(笑)
見知った人しかいないサロンならではの曲ですね。

後半ではラモーの「めんどり」が題名通りに鳴き声をひたすら描写していて面白い曲でした。
当時もこういうお喋りなご婦人はいたでしょうねー。
あと、マリー・アントワネットがチェンバロを弾く人で曲もあるとは知りませんでした。
スポンサーサイト




この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -