FC2ブログ
2021 / 05
≪ 2021 / 04 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2021 / 06 ≫

logo.jpg
EmyBFzNVkAAKhLz.jpg

名古屋フィルのNHK主催〈オーケストラでつなぐ希望のシンフォニー〉の公開収録(無料!)へ。
指揮者のカワケンさんこだわりのダンスプログラムがすごく好みに合致して、ノリノリで楽しいコンサートでした。

●メンバーと曲目
指揮:川瀬賢太郎
オケ:名古屋フィル
外山雄三:管弦楽のためのラプソディ―
マルケス:ダンソン第2番
ベートーヴェン:交響曲第7番
※アンコール
ベートーヴェン:交響曲第3番より第3楽章スケルツォ


全国各地のオーケストラがベートーヴェンの交響曲を演奏するという企画で、名古屋フィルが第7番の担当に。
来週11/22(日)のEテレ「クラシック音楽館」で放送とのこと。早い!
https://www.nhk.jp/p/ongakukan/ts/69WR9WJKM4/

3曲とも推し曲です。こういう曲が好きだから、クラブミュージックも意外と聴いてみたら好きになったんだなという気がします。

1曲目の「管弦楽のためのラプソディー」がまず好きな曲。
「あんたがたどこさ」「ソーラン節」「炭坑節」「串本節」「信濃追分」「八木節」と民謡のメロディーが次々に出てきます。
https://youtu.be/0V_C3NQIbN4

そして、まさか「ダンソン第2番」を生演奏で聴けるとは!
ドゥダメル&シモン・ボリバル・ユースオケのCDで知った曲ですが、哀愁漂うメロディーとノリノリのラテンリズムが魅力的で特に印象に残った曲です。
打楽器(+ピアノ)の音が刺さってくるのは生演奏だからこそ。

↓youtubeに動画ありました。10分未満の曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=gpsHUUHZb9w

メインのベト7ことベートーヴェンの交響曲第7番は第1楽章が『のだめカンタービレ』でおなじみですね。
↓この辺りからのメロディーが有名。
https://youtu.be/HyoWuSWT2tw?t=252

個人的に9曲あるベートーヴェンの交響曲の中で1番好きな曲です。他のジャンルを含めても2番手か3番手にはなります。
演奏者によって雰囲気が変わるので聴き比べが楽しい曲。
特に第2楽章が好きなので、今回はどう料理するかが楽しみでした。
第1楽章からアタッカで繋ぐのが珍しく、その空気を残しながら快走の第2楽章へという明るい演奏。
個人的には、第1楽章と対比的になる荘厳な演奏の方が好みですが、この演奏は演奏でカワケンさんらしさが出ていてアリだなと思いました。
スポンサーサイト




この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -