FC2ブログ
2021 / 05
≪ 2021 / 04 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2021 / 06 ≫

20201123 アルマゲドンの夢

新国立劇場で藤倉大さんの世界初演のオペラ『アルマゲドンの夢』を観てきました。現代オペラの生公演へ行くのは初でしたが、不安で満ちていて大きな声に煽動されやすくなっている今の社会に響く作品でした。歌と音楽にカタルシスは無いものの、不協和音でヒリヒリする緊張感が堪りませんでした。

↓オペラ概要はこちら

https://www.nntt.jac.go.jp/opera/armageddon/
アルマゲドンの夢[新制作 創作委嘱作品・世界初演]


新国立劇場へ来るのは10年半ぶりでした。前回はワーグナーの『神々の黄昏』。

藤倉大さんは(少なくともクラシック業界では)大注目されている作曲家。今年はDOMMUNEの湯山玲子さん爆クラ回で出演していたので見た人もいるのでは?
現代の作曲家の割にはクラシックコンサートで取り上げられることが多く、聴いた中で好きな曲は「ソラリス」、あの有名なSF小説を題材にした曲です。オペラ版が本家ですが日本未演なのでどこか取り上げてくれないかな…。
そんな藤倉さんがオペラ新作を日本初演、題材はウェルズの小説、そして何よりオペラを生で観たい!ということでチケットを買ってしまいました。

上演時間は1時間40分の一本勝負とオペラにしては短め。

内容はかなり社会派。主人公が日和見主義で気付いたら何もかも失ってしまい、その恋人ベラは自由を求める闘いに身を投じるが銃弾で命を落としてしまい、若者たちは煽動されて画一的な兵士になってしまう。
どういう解釈をすればよいのか悩むセリフも多く、観客を喜ばせてスッキリさせるのではなく考えさせる作品。演劇に近い印象でした。

演出で印象に残ったのが色。
ダンスホールでの若者たちは色とりどりの服を着ているのに、煽動されて兵士になるとみんな同じ白一色。舞台上に大きな鏡も出てきて姿が増幅されるのが不気味。
一方で自由のために闘うベラはずっと赤系の衣装。目立つ。ベラが死んだらモノクロの色褪せた世界になってしまうんですね…。


音楽面は不安を煽って解決に至らない不協和音だらけ。弦のヒリヒリする音や金管がぶつかり合う音などで登場人物の心理をダイレクトに表現していました。聴いてる方も疲れてきました。
それだけに協和音が出てきた場面が目立ちました。特に、主人公と恋人が不安を一瞬忘れて将来の愛を歌うシーンが印象的。曲想は違いますが、ミュージカル『ウエストサイドストーリー』の「Somewhere」のシーンを連想しました。その後に悲劇が待っているという共通点もあるし。

これまで観てきた"古典的な"オペラだけがオペラじゃないと体感できた公演でした。
もちろん楽しいオペラは大好きですが、たまにはこういう考えさせられる作品も観ていきたいです。
スポンサーサイト




この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -