FC2ブログ
2021 / 05
≪ 2021 / 04 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2021 / 06 ≫

20210103『妹背山婦女庭訓』 (1)

2021年の初鑑賞は文楽から。大阪へ遠征して国立文楽劇場での初春文楽公演の第3部『妹背山婦女庭訓』を観て(&聴いて)きました。

女同士のバトル、男の見得、男女の恋情、自己犠牲など、てんこ盛りの内容。
とにかく勘十郎さんが操るお三輪ちゃんが可愛かったです♪
浮き沈みする心情の変化が細やかな仕草からすごく伝わってきました。
(ちなみに、お三輪ちゃんは↑のパンフの子です)

20210103『妹背山婦女庭訓』 (4)

『妹背山婦女庭訓』は、2019年11月の関西猫町の読書会で大島真寿美さんの『渦』を読んで以来観たかった演目。
直木賞受賞で話題になりましたね。
大島さん本人がいらっしゃったり、読書会会場が他でもない国立文楽劇場で皆で文楽鑑賞したりと濃い1日でしたが、詳しくは当時の開催レポを↓
http://www.bookreading.nekomachi-club.com/side/75123

20210103『妹背山婦女庭訓』 (7)
20210103『妹背山婦女庭訓』 (8)

暗くなってきた18時前に国立文楽劇場へ到着。
もう最近では見慣れた風景になった検温と手の消毒をして中へ。
人形もマスクしてます。

20210103『妹背山婦女庭訓』 (5)
20210103『妹背山婦女庭訓』 (6)

年始なので鯛や鏡餅もありました。


20210103『妹背山婦女庭訓』 (2)
20210103『妹背山婦女庭訓』 (3)

あらすじと配役は上の通り。
今回の演目は全五段ある『妹背山婦女庭訓』のうちの四段目。
ツッコミどころ満載のハチャメチャな設定ですが、まあツッコミ始めるとキリがないのでほうっておきましょう。

ちなみに今回の座席は4列目でした。公演1週間前を過ぎていて、しかも初日なのに奇跡的に空いていたので即購入。
お三輪ちゃんが間近で細かい仕草も観れてすごく良かったです♪
特に勘十郎さんは表情豊かに操る人形遣いさんというのがこれまでの印象なので、顔の角度を微妙に変えて感情表現していたり、身体がピクピクしていたり、嫉妬で狂ったりと
三浦しをんさんの『あやつられ文楽鑑賞』で勘十郎さん曰く、「人形の手と、人形の目線の動きとを、ピタリと合わせることが基本中の基本」というのも確かにその通りなんだなと確認できました。

ただ、前の方の席だと、舞台向かって右端にいる三味線さんと太夫さんが完全に視界から外れてしまうので、こちらの方々がお目当てで文楽を"聴く"ならもっと後ろの方が良いですね。
あと、舞台上方に唄っている歌詞の字幕が出るんですが、顔をしっかり上げないと見えなかったのも地味に面倒でした。
歌舞伎だととにかく役者の近くが良い席だろうと思いますが、文楽だと観る人の好みによって席の場所が変わりそうなのが面白いです。


何と言ってもお三輪ちゃんの枠にはまらない積極さが魅力的な段なので、『渦』より一部引用。
「お三輪は、婦女庭訓の外へするっと出ていったおなごです。…。素直な気持ちで、素直に動く。ただそれだけなんです。後先なんて、なんも考えてへん。ただ好きな男のことしか思うてへん。恋や。お三輪にあるのは恋心だけや」

さて、以下はそれぞれの場面で印象に残ったところを。

①道行恋苧環(みちゆきこいのおだまき) 
1番華やかな場面でした!
イケメン男を女2人が取り合って口論するのが見ものという現代のドラマでもありそうな場面。
橘姫&お三輪ちゃんの人形2人がそろい踏みで動きまくるのでどっちを観てれば良いのやら。

太夫も三味線もたくさんいて音も分厚くて華やか。
メインのお三輪ちゃん役が織太夫さん。2月の藝術部の課題本にもご登場。
三味線を率いるのが藤蔵さん。
このメンツって、そういえば11月の『本朝廿四孝』のクライマックス「奥庭狐火の段」で観て、いいなと思った3人でした。
どのように良いかの言語化できるほどの技量はありませんが…。


②鱶七上使の段
一転男臭い場面に。
鱶七が啖呵を切るので、人形の文楽よりは人が演じる歌舞伎版の方が映えそう。
モブの官女たちがやたら動く。逆ナンパするし。文楽に出てくる女性はたいてい積極的な気がする。

③姫戻りの段
男女が再会したので甘々展開になるかと思ったら、おいおい刀を抜き始めたぞ、というまさかの緊迫した展開に。
近松半二はんの仕掛けでしょうか。
恋は盲目。それを利用するイケメン。

④金殿の段
お三輪ちゃんがひたすら可哀想。
モブに虐められて、嫉妬に狂って、いきなり刺されて死んじゃうなんて…。
髪を振り乱して裏切られたイケメンも元へ行こうとする様が、恋に落ちた人間の狂気をこれでもかと見せつけます。
浮き沈みが激しい場面なので、太夫さんの唄がすごく難しそうでした。


各場面毎にバラエティがあり、さらにドラマティックな展開で飽きさせないので、人気演目なのも納得です。
『妹背山婦女庭訓』は、三段目の川を挟んでの「妹山背山の段」も観てみたい場面なので、今後どこかで演目がかからないかチェックしていきたいと思います。
スポンサーサイト




この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -