FC2ブログ
2021 / 05
≪ 2021 / 04 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2021 / 06 ≫

20210424 名古屋フィル定期

今シーズン最初の名古屋フィルの定期演奏会へ。
昨年度は中止が相次ぎましたが、今年度はなるだけ予定通り開催されますように。
(早速、海外からの出演者の変更はありましたが…。)


●メンバーと曲目
指揮:沼尻竜典
演奏:名古屋フィル

ヴァイオリン:神尾真由子

コンマス:日比浩一

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番
ショスタコーヴィチ:交響曲第11番『1905年』


神尾さんはアンコールがすごかったです。
「エルンスト:シューベルトの『魔王』の主題による大奇想曲 作品26」。
教科書でお馴染みの『魔王』をヴァイオリン1本で弾いてしまうというビックリ曲で、ひたすら超絶技巧に圧倒されていました。
しかし、こういうアンコール曲を選ぶ人に、なぜモーツァルトの全然違うタイプの曲を弾かせたのか。


さて、本命は何と言ってもショスタコ―ヴィチ。
舞台の上に楽団員がぎっしり。
生演奏は初でしたが、録音では分からなかった曲全体に漂う不穏さを全身でゾクゾクと感じられたので聴きに行ったかいがありました。
希望が盛り上がった直後に不穏な雰囲気が再来するなど、今のコロナ禍の社会の雰囲気とも呼応する曲ですね。

題材は1905年に起きた「血の日曜日」という事件。
「栄華を極めたロマノフ王朝に請願するためペテルブルク宮殿に向かって行進する無防備の民衆に対して軍隊が発砲し、千人以上を射殺した」という血なまぐさい事件で、これをきっかけにロシア第1革命につながったのだそう。
いかにもソ連翼賛っぽい題材で、実際に苦しみ→戦い→鎮魂→希望という図式ではありますが、最後に悲しげなメロディーと何かを警告する鐘の音で終わるという深読みしたくなる意味深さがショスタコーヴィチらしいところ。

その辺りの深堀りをしていない身ではありますが、ただ音楽を聴くだけでも映画のように描写的でドラマチックな曲で退屈せずに楽しめました。
(両側のおじさんはモーツァルト目当てだったようで退屈していましたが…)

バルコニー席でしたが、ヴィオラが活躍する箇所が多いので、音がダイレクトに飛んできて良かったです。
高らかに鳴り響くホルンやトランペットの活躍はもちろんですが、空気を切り裂くスネアドラムや、幻想的な雰囲気を作り出すチェレスタなど音の多様さも堪能できて楽しかったです。


ちなみに、ショスタコーヴィチの交響曲を聴いた演奏会を遡っていたらほとんどが名古屋フィルでした。
名古屋フィルの中にショスタコ好きの人がいらっしゃるようですね(^^)

・1番(現田&神奈川フィル)
・5&6番(井上道義&サンクトペテルブルグ)
・10番(フィッシャー&名古屋フィル)
・6番(リス&名古屋フィル)
・7番『レニングラード』(川瀬&神奈川フィル&名古屋フィル)
・12番『1917年』(川瀬&名古屋フィル)
・9番(広上&名古屋フィル)

2022年3月の名古屋フィルは、ちょうど生演奏を聴いたことが無いショスタコ―ヴィチの8番なので、今から楽しみです。
スポンサーサイト




この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -