FC2ブログ
2021 / 05
≪ 2021 / 04 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2021 / 06 ≫

20210124 東京フィル&バッティストーニ~『火の鳥』~

バッティストーニをお目当てに行ってきました。
大変な中をよくぞイタリアから来てくれました!
年始早々に日本入りして待機していたそう。

注目の若手指揮者の1人としてTVでも見かける人で気になっていた人です。
「題名のない音楽会」に登場したり、東急ジルヴェスターコンサートに登場したり。
ちなみに、指揮者本読書会の6月の回でも取り上げられますね。ここ大事!
あと個人的に同い年の指揮者は珍しいので、チェックしたかったというのもあります。まあ、そうは見えない貫禄と活躍っぷりですが。

会場は渋谷のオーチャードホール。
アクセスが良いのはありがたいけど今のご時世なので人混みを避けつつ足早に駅から直行。

●メンバーと曲目
指揮:アンドレア・バッティストーニ
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団 
コンマス:近藤薫 ←松葉杖だったけど大丈夫?

ラヴェル:『ダフニスとクロエ』第1組曲・第2組曲
ストラヴィンスキー:バレエ組曲『火の鳥』(1919年版)

こういうプログラムなので公演時間は休憩無しで1時間だけ…。物足りん。
これで、下から2番目のランクの席でも7000円とは強気。さすが東京のオケは違いますねー。

当日券の販売は無しでしたが席の埋まりはポツポツ。まあ仕方がない。
舞台に楽器多い。ピアノやチェレスタ、オルガンも。
ウインドマシーンという風の音を出す珍しい楽器もありました。『ダフニスとクロエ』以外では『ドンキホーテ』の風車の場面で登場するのが有名です。

-------------------------------------------
※バッティストーニ氏の演奏会についてのコメント
シーズンは1月に“バレエ・リュスの宵”でスタートします。私の好きな二つのバレエ作品『ダフニスとクロエ』と『火の鳥』に焦点を当てます。どちらも再生、新しい夜明け、新しい太陽が生命を吹き込み、祝福をもたらす音楽です。
ラヴェルのスコアに描かれた“夜明け”のシーンは、これまで作曲された最も美しい音楽的な日の出の一つですが、それによって啓示された太古の世界を描きます。
ストラヴィンスキーの英雄と怪物のおとぎ話は、善と悪の永遠の戦いを描いて、最後のクライマックスでは悪が破壊され、自由と希望に満ちた新たな世界が始まるのです。
-------------------------------------------

本命の『火の鳥』
バッティストーニの手にかかると、本当はバレエ組曲なのにオペラ組曲(管弦楽版)みたいな演奏になっちゃってました。
全身を使って弦楽器が管楽器がとにかく歌う歌う。特にソロ。
甘美なフレーズを歌い上げるところなんか、
息継ぎをしているような弦楽合奏のフレージング。
ソロを浮き立たせるための音のバランスはすごく気を遣っているように感じました。伴奏はメリハリ付けてすごく音を落とすし、効果を引き立てるためにテンポ揺らすし。
この演奏に合わせてバレエを踊るのは無理ですね。
印象的だった部分は「子守唄」。
思わず「遅っ!」と脳内ツッコミをするぐらいのスローテンポで音を溜めてくるので、オーボエとファゴットの首席ソロがすごく大変そうでした。

1局目の『ダフニスとクロエ』、特に「夜明け」はすごくメロディック。
打楽器奏者が最後列に8人横並び!というのは壮観。フィナーレでの熱狂的な盛り上がりに大きく貢献していました。

しっかりドラマを聴かせてもらった演奏会でした。
平時なら終演後にブラボーが飛ぶでしょう。
個人的には面白い演奏だと思いましたが、好みは分かれそうです。

この人の指揮のイタリアオペラは面白そうですね。6月末に名古屋にてヴェルディ『仮面舞踏会』の公演で登場しますが、チケットは高いし、そもそもその頃に情勢がどうなっているか。
逆にドイツ物を振ったらどうなることやら。曲によってはこれは違うと拒否感が出そうですが、まずはベートーヴェンの交響曲第7番辺りから料理してもらったらどんな感じになるんでしょうかね。
スポンサーサイト




この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -