2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

初めて同じグループを二度聴くことになりました。

前回非常に良い印象だった鈴木良雄トリオ。今年の5月に同じ場所で聴いています。

この3人が出るというだけでハガキを出してしまいました。

今回はボーカルを加えて、さてどうなるかと楽しみでした。


●今日のメンバー
ディー・ダニエルズ(ボーカル)
鈴木良雄(ベース)
海野雅威(ピアノ)
セシル・モンロー(ドラムス)


3人がテーマ曲を演奏した後、颯爽と登場したディー・ダニエルズさん。

180cmの長身でスタイルがよく、ムチャクチャ歌が上手そうなオーラをぷんぷん出している女性。

実際に迫力ある歌声でした。日本人では出せない声ですね。

何でもゴスペルを始め、色々なジャンルの音楽をやっていたとのこと。

レイ・チャールズの「ジョージア」が、soulfulに歌うのはもちろんですが、さらにアレンジも加えられていて特に印象に残ってます。

ピアノの弾き語りもやってました。レイ・チャールズを思わせると小川もこさんの言葉。


それをしっかりと支える鈴木良雄トリオ。

今まで聴いた限り、だいたいのトリオでは微妙なメンバーが1人はいるのですが、このトリオは珍しく3人とも上手いトリオ。

ボーカルがいるため全体的に抑え気味だった気はしますが、海野さんのきれいな弱音はしっかり聴かせていただきました。

ベースも、ディー・ダニエルズさんに“National Treasure”と言わしめた鈴木良雄さんが聴かせる所は聴かせてくれたし。

ドラムはアドリブがなかったので消化不良に見えましたが、今回の方向性では仕方がないのでしょう。


このトリオあって、このボーカルが呼べるのだなという素晴らしいライブでした。

こういうライブが聴けるとわざわざ渋谷まで行ったかいがあると思います。

しかし、番組の収録回数が減ったのでなかなか聴きにいけないのが残念なところ。

10月もたぶんジャズは1回だけです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -