2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

この前はピアノの大御所である秋吉敏子さんでしたが、今回はボーカルの大物であるチコ本田さん。
ボーカルの人はよく知らないんですが、兄が渡辺貞夫さんということなので、えーと今何歳だ? 70くらい?
かなり上なのは間違いない。
「本場アメリカやヨーロッパに比べ、魂を揺さぶる本物の少ない日本のジャズ・ボーカル界にあって、多くのジャズマンから尊敬を集める数少ないホンモノ、魂の唄、チコ本田」
とのこと。

●今日のメンバー
チコ本田(ボーカル)
荒巻茂生(ベース)、吉田桂一(ピアノ)、江藤良人(ドラムス)、竹内直(サックス)


一言でいうと、50年代のライブハウスにタイムスリップしたようなライブ。
チコ本田さんの歌声に戦後の匂いを感じました。
ボーカルでこんな雰囲気が作れる人がいるんですね~。
黒人の土着的な歌声とはまた違う。
ステージをあちこち動きながら歌ってましたが、予想外に「Cute」なタイプのボーカルで、若々しさを感じました。

他のメンバーも楽しそうに演奏していたのが印象的。
むしろ、楽しそうに演奏するからチコ本田さんがこのグループを選んだのでしょう。
4人ともそれぞれ個性を発揮していました。
相変わらず唸りながらベースを弾く荒巻さんが一番個性的でしたが(笑)

ラストの「You've got a friend」では、マイクをメンバー1人ずつに回すという場面も。
初めは苦笑しながらも、皆さんノリノリでけっこう上手い(^^)
最終的には前の席のお客さんにまでも回ってました。


長い間音楽活動をしている人はやっぱり違うなと思ったライブでした。
しばらくはジャズライブはなし。銀座のジャズフェスが当たることを祈るばかりです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -