2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

ウィーン古典派から時計の針を進めましょう。

あまりに作曲家が多いので、とりあえず近場の川崎でやってるこのコンサートへ。


●メンバーと曲目
指揮:大友直人
演奏:東京交響楽団

ヴァイオリンソロ:エリック・シューマン


ベリオ/シューベルト:レンダリング
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番
レスピーギ:交響詩「ローマの松」


まずは、シューベルトが遺した断片をベリオが“修復”したという曲から。

最初は普通の曲かと思ってたら、チェレスタの音色で不思議な空間へいざなわれる。

しばらく楽器がてんで勝手に弾いてるかと思ったら、また急に元に戻る。

現代曲にありがちなパッチワーク系の作品ですね。面白い曲でした。

でも聴いてて疲れる…。



休憩をはさんでコンチェルト。派手で分かりやすい有名そうな曲でした。

ヴァイオリンソロは正しく上手い。

東響の方向性とも相性がいい気がしました。オケの合いの手もいいし。

アンコールは静かなバッハの曲でした。


最後はレスピーギ。大友さんの十八番だそうです。

いつのまにか暗譜になってたし。

それまで足を動かさずクールに振ってたのに、この曲では全身を使って舞ってました。

オケもそれに応えるように曲を盛り上げる。

いいんじゃないの? このコンビ。

特に、最後の「アッピア街道の松」に入る前が印象的でした。

弦全員が聴こえるか聴こえないかくらいの音を出してる中、クラリネットのソロが響き渡る。

魅せますね~。

首席の方はお疲れ様です。拍手も大きかった。

曲自体も、大編成のオケに加えて、パイプオルガン・チェレスタ、はたまた首席トランペットがホールの外で吹いたり、客席脇に金管がいたり…。

オケの正面の席を取れて良かったと思いました。オルガンの音はよく分かりませんでしたが…。

そして、やはりチェロのボーマンさんには目が行ってしまいますね。


何となく行ってみたコンサートにしては、十二分に楽しめました。

東響のコンサートは手堅いですね。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -