2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

指揮が現田さん、シュナイトさんと続いてたので、久しぶりの外部からの指揮者でした。

プレコンかと思ってたらプレトーク。
湯浅さんがエルガーのシンフォニーについて語る語る。
これは、エルガーの“英雄交響曲”ですが、特定の誰かの生涯ではなく、自分の生涯を振り返りながら聴いてほしい、みたいな内容でした。

客席が思ったより埋まってたのは曲目のせいでしょうか?
コンマスとチェロ首席がいなくても普通の人はさほど気にしないのでしょうね。


●演奏と曲目
指揮:湯浅卓雄
演奏:神奈川フィル

ヴァイオリンソロ:岡崎慶輔

メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲
エルガー/交響曲第2番


ゲストコンマスは都響から双紙さんでした。これは盲点。
風格たっぷりにコンマスやってて音もきれいだったのに、なぜ普段は第2ヴァイオリンをやってるんでしょう?
そしてチェロ首席は誰?


岡崎さんが登場して、いわゆる「メンコン」から。
3大ヴァイオリン協奏曲の1つと呼ばれますが、出だしのインパクトの大きさはこの曲が1番でしょう。

最初の部分だけはあまりクラシックを聴かない人でも知ってると思います。



ヴァイオリンの音はけっこう柔らかめ。
キンキンせずに心地よい響き。
出だしの超有名な物悲しい旋律もいい感じでした。
つまり第2楽章が期待できるわけで。実際良かったですね~。
神奈川フィルとの相性は良さそうです。

B→Cのようなソロで聴いてみたくなりました。
アンコールを期待してたんですが残念。

オケはとにかく抑えてました。黒木さんはセカンドでおとなしくしてたし。


後半はエルガーシンフォニー。あまり馴染みのない作曲家です。
金管が高らかに鳴る出だしから。間近だったのでかなりうるさい。
神奈川フィルで、大編成のオケが全力で音を出すというのはあまり聴いたことがないです。
ちとホルンがきついか。ホルンセクションは終始通して頑張ってました。

一転、ストリングスの暗めの主題にもなったりしてドラマチックで面白い。

湯浅さんも妙に力が入ってました。
でも、拍子が分かりやすい指揮を堅持してましたが。

フィナーレはガンガン盛り上がっていって、どこまで行くのかと思ったらフェルマータで静かに終わってしまいました。

初演は不評だったらしいですが、そこまで? 
たしかに、全曲50分以上というのは長かったですが、「威風堂々1番」なんかよりはこっちの方がいいかと。


次の神奈川フィルは、7月のミューザの予定。
現田さんの十八番のようなので楽しみです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -