2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

神奈川フィルの地元民向け無料公演に当選したので、保土ヶ谷のアートホールまで行ってきました。
クラシックで夕涼みをという趣向。
こういう地味な活動も地方オケでは大事なことですね。


●曲目とメンバー
演奏:神奈川フィル
指揮:鈴木織衛

チャイコフスキー/「眠りの森の美女」よりワルツ
ムソルグスキー/交響詩「はげ山の一夜」
リムスキー・コルサコフ/「王子と王女の物語」 ~交響組曲「シェヘラザード」より~
メンデルスゾーン/序曲「フィンガルの洞窟」
メンデルスゾーン/「真夏の夜の夢」付随音楽より「序曲」「スケルツォ」「夜想曲」「結婚行進曲」


弦首席が全然いない。小宮さんがいないのは珍しい。無料のコンサートでそこまで期待はしません。
金管や木管はだいたいいつも通り。
指揮者の鈴木さんは昔から神奈川フィルと縁があったとのことなので、メンバーも昔からいる人を中心にしたのでしょうか?
しかし、コンマスの若めの女の人が謎。

聴けば「ああこれね」という曲ばかり。カジュアルですから。
テーマは「夢」とのこと。
鈴木さんは音大の講師をやってるということで、丁寧かつ流暢に曲の解説をしてくれました。

首席がいなくても、神奈川フィルの弦の響きはやはり神奈川フィルでした。
「はげ山」では管楽器が頑張っていたのが印象的。
オーボエなんかかなり難しそうでした。

「シェヘラザード」は今回一番好きな曲ですが、メロディーが良いだけにコンマス次第でこんなに変わるのだなと思いましたね。
個人的には読響で聴いてみたい曲です。
先週コバケンでやってたらしいですが、平日に東京はきつい…。

アンコールはペールギュントの「朝」、はいはいそうですかという定番曲でした。


次の神奈川フィルは、7月27日 atミューザ川崎です。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30