2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

今日はとにかく寒かった! 
東京では雷が鳴り、さらにはみぞれまで降る始末。
ちょうどその頃渋谷にいたんですが、あまりの寒さに急遽喫茶店に避難してしまいました。
4月だというのに気温は4度まで下がったそうです。
そのためか、ライブに来ている人が少なかった気が…。

大野雄二さん以来、2ヶ月ぶりのジャズでした。
クラシックもいいですが、ジャズのあのライブ独特の緊張感もいいものです。

●今回のメンバー
Jay Thomas(トランペット, テナーサックス,フリューゲルホルン)、小濱安浩(テナーサックス)、池田篤(アルトサックス)、水野修平(ピアノ)、倉田大輔(ドラムス)、島田剛(ベース)


アメリカと日本という2つの国間での、アルバムタイトル通りに「The East West Alliance」なバンド。
管3本の息が合っていて、賑やかなライブでした。
掛け合いもかなりの迫力。
アンコールの2曲目が1番ノリノリでかなり盛り上がりました。

Jayさんは管楽器のマルチプレイヤーらしく、3つの楽器を持って登場。
他にフルートとソプラノサックスもお出来になるということです。
個人的にはフリューゲルホルンの音が好き。トランペットはちょっとうるさかったかな。
そこにサックスの2人が加わり、楽しそうに演奏していました。

ちなみにキーマンは意外とピアノの水野さんだと思います。
ピアノの音があるからこそ管楽器の音がはえる感じ。
高音もピョンピョン飛んでキレイな音でした。


けっこう楽しめました。
次も2国間のインターナショナルバンドを聴く予定です。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30