2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの神奈フィル定期でした。


ロビコンは誰が来るかと思ったら、まさかの三宅進さんによるチェロ独奏。
曲はバッハの無伴奏チェロ4番。
山本裕康さんとは正反対の音でした。


●メンバーと曲目
指揮:ハンス=マルティン・シュナイト
演奏:神奈川フィル

ヴァイオリンソロ:竹澤恭子


ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲
ブラームス/交響曲第4番


ホールに入ると、座席がかなり埋まっていました。(神奈川フィルにしては珍しく)
当日券も完売だったらしいです。


1曲目はベートーヴェン。
“三大ヴァイオリン協奏曲”の1つとも言われるポピュラーな曲ですが、他の2つに比べると取っつきにくいのも事実。
まだ前半だしウォーミングアップかな、と軽く聴くつもりでしたが、いやいやとんでもない。

出だしの木管からやはりシュナイトさんでした。
第1楽章の小結尾の主題でヴァイオリンが上昇していく箇所なんかは鳥肌もの。
ただでさえ長い第1楽章がもう果てしなく広がる大海のようで、観客は小舟でただぷかぷかと浮いているほかありませんでした。

もちろんソリストも忘れてはいけません。
竹澤さんは全然知らなかったヴァイオリニストでしたが、音を聴いてなるほど神奈フィルと合うなと。
音はオケに合わせたのかソフトめ、でも芯があるというタイプの音。
ソリストにしては珍しく、オケとのアイコンタクトも多いように思えました。
聴いてて疲れる演奏が多いこの曲で、優美な旋律を聴かせていただきました。
定期のソリストのチョイスは毎度ながら良いですね。


終演後は拍手+ブラーヴォの嵐。
人が多いせいもあってか、いつもよりいっそう大きく聞こえました。


前半ですでに満足でしたが、後半のブラームスへ。


いやはや、さすがシュナイトさんです。
期待を裏切らない!
元々内省的で地味だと言われている曲ですが、シュナイトさんが振るとこうも深みが出るものなのか、と。

特に第4楽章のパッサカリアは秀逸。
湧いてくるオケのパワー!
音にのまれてしまって、あっという間にコーダになってしまいました。
オケが一体となって1つの世界を作り出し、視覚的にもコンマス石田さんを中心としてシンクロしてました。
そして、素晴らしいフルートソロを聴かせてくれた山田さんにも拍手。


やはりシュナイト&神奈川フィルは黄金コンビなんだと改めて認識させられたコンサートでした。
3月にはミューザで交響曲第1番も振ってくれるなので、今から楽しみですね。


コンサートの後はyurikamomeさん達とビアホールへ。
大いに話が弾んでました。
ぜひ、シュナイトさんには定期でブルックナーの交響曲をやってほしいですね。

次の神奈川フィルは11月定期、パスカル・ヴェロによる幻想交響曲。
神奈川フィルではいったいどうなるのか?
スポンサーサイト

【よかったですね!】
先日はお世話になりました。
あたり前のように素晴らしいコンサートでした。
あんな演奏会は東京でもめったにめぐり合えないものです。
神奈川フィルは今絶頂期にあるのでしょうね。
幻想が楽しみです!
【】
>yokochanさん
こちらこそお世話になりました。
本当に良い時に神奈川フィルを聴ける環境にあってよかったと思いましたよ。
11月の定期でまた会いましょう!
【】
あの三宅氏は神奈川フィルの定期の数日前に急に頼まれてロビーコンサートをやることになったそうですよ。ブログに書いてありました。
【】
>チェロ子さん
演奏会後にそのブログを見つけましたよ。
コンマスから電話が来たらしいですね。
この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。