2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田泰尚さんが神奈川文化賞未来賞を受賞!
おめでとうございます。
7年間神奈川フィルをコンマスとして率いてきましたからね。
その祝賀音楽会が県民ホールであったので行ってきました。


●メンバーと曲目
指揮:現田茂夫
演奏:神奈川フィル

トランペットソロ:高見信行


ハイドン/トランペット協奏曲
モーツァルト/交響曲第39番


予想外に人が多く、座席は3階席に。
でも中央だったので音は良好。

神奈川フィルはいつものメンバー。
と思ったらチェロ山本裕康さんが不在、スケジュールにはあったのに。
あとでブログを見たらぎっくり首とのことでした。お大事に。
で、代わりに首席やってるあの人はどなたでしょうか?



まずはトランペット協奏曲から。
さすが金管のコンチェルトらしい華やかな曲。

ハイドンの曲は、ぱっと見は簡単そうでも難しいといいますが、この曲も正にそんな感じ。
しかもオケとの掛け合いもあったりして、指揮者の技量も重要でしょう。
その点現田さんなら安心安心。

そういや今週末の定期もトランペットコンチェルトですね。
神奈川フィルのトランペット勢も気炎を吐いていることでしょう。


続いてモーツァルトの後期交響曲、40・41番に比べ印象が薄い39番。
オケの配置に違和感があると思ったらオーボエがいませんでした。

現田さんがどうくるかと思っていたら、音は抑えめ。
ノリノリのキラキラで来るかと思ったら意外でした。
でも考えてみれば現田さんが古典派を振るのはかなりレアケースでは?
今の神奈川フィルにはシュナイトさんがいらっしゃいますからね。

第3楽章のクラリネットが印象的、斎藤・森川コンビの音がけっこう響いてました。
フィナーレは軽快なままあっさりと終了。

そしてアンコールは、モーツァルト/アイネ・クライネ・ナハトムジーク。
この曲は神奈川フィルの弦にしっくりきます。


1時間程度の短い演奏会でした。
金曜の幻想交響曲も楽しみです。
スポンサーサイト

【】
>予想外に人が多く、座席は3階席に。
>でも中央だったので音は良好。
でしょ?(笑)
あのホールは意外と3階(の前の方)がいいのですよ。勿論、1階もね。

しかし、このコンサート行きたかったあ~。
平日じゃ~、早々はね~。社会人の辛いところ。
現田さんのモーツァルトってのがとっても魅力でしたね。
【】
>スリーパーさん
あそこが音がよいとは本当に意外でした。
思わぬ穴場を発見したのでこれからは狙ってみます(^^)
現田さんのモーツァルトも新鮮で良かったです。
この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。