2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

ライブの招待券が当たったので、人生初のライブハウスへ行ってきました。
NHKのJ-MELOという番組の公開収録。
オールスタンディングとか基本的に縁がない…。
会場はSHIBUYA-AXでした。


●出演者(出演順)
1.オルケスタ・デ・ラルス
2.May.J
3.DEPAPEPE
4.Jazztronik
5.Shanti
6.シーナ&ロケッツ

マニアックな人ばかりです。

事前の認識としては、
1・3・4→それぞれチェックが入っている
2・5→番組のMCをやっているらしい
6→知らない
といった感じ。

色々なジャンルの日本のアーティストを海外に紹介するという趣旨の番組とのことで、客層もいろいろでした。


オルケスタ・デ・ラルス、ジャンルはラテンサルサ
熱帯ジャズのカルロス菅野さんとジャズピアニスト塩谷哲さんが前に居たということでチェック。
「Volare」(←聴けば誰でも知っている曲)から会場を暖め、ノリノリでさらに2曲。
ボーカルのおばちゃんがラテン色満載で濃かったです。

May.J、R&B
歌詞は英語ばかりかと思ったら、案外日本語も多かった。
スタイルがやたら良い、最後の曲ではダンサーも出てきました。

DEPAPEPE、アコースティックギターデュオ
エレクトーンの楽譜売場で名前を知り、CDを借りてみたことあり。
ギター2本だけなのになぜこんなに世界が広がるのでしょう。
夏のイメージしかありませんでしたが、冬の曲もやってました。
トークもけっこうペラペラ喋る。

Jazztronik、クラブジャズ
今回のド本命です。
ヴィレッジヴァンガードでチェックが入り、CDショップで見かけたら試聴してました。
キーボードの野崎良太さんが色々な編成でやっているグループです。
元々2曲だけのようでしたが、収録トラブルで時間が空き、急遽もう1曲やってくれました!(未放映らしい)
ボーカルもいいけど、インストの曲のほうが好きですね~。
最後は代表曲である「サムライ」
アドリブでキーボードが変なスイッチをいじってビュンビュンとテクノ的な音を出していたのが印象的。

Shanti、しっとり系
ギター2本をバックに歌いあげていました。
シンガーソングライターとのことです。

シーナ&ロケッツ、ロック
トリだし一番の大物らしい。30周年だとか。
これまで大人しめだった年配の方々がここではノリノリでした。
でもこの爆音は慣れていない身にはキツイ・・・。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -