FC2ブログ
2020 / 01
≪ 2019 / 12 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2020 / 02 ≫

0080.jpg

71497832_2432153200238655_3532179394833416192_n.jpg

70885341_2432153123571996_3140082579022020608_n.jpg


劇団四季名古屋の『パリのアメリカ人』へ!
どんどん変わる衣装もステージも華やかでウキウキする演目でした。
踊り続ける皆さんの体力すごい…。

予習した映画版とあまりにも違いすぎて、ここでこの曲来るか!あなたも惚れるの!?などツッコミだらけ。
ストーリーの筋は劇団四季の方がキチンとしているので受け入れやすいかと。

20190922 BUMP (1)

20190922 BUMP (2)
※2枚目は公式Twitterより

名古屋ドームで至福の時を過ごしてきました!!
バンプのライブは3年半前のBFLY以来。
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-306.html

前回のツアーはアゲアゲ要素が強かったですが、今回のaurora arkは聴き入る曲が多かったです。
ドームで聴くときれいな光の演出も相まって、全身で聴き入っていました。
一方で、みんなで唄う曲もどんどん放り込んでくれて、盛り上がりました。
昔も最近も良い曲が多すぎです!


天体観測の発売から18年。
これからも人生でつらいことがあったらBUMPの曲を聴きますよー。

●セットリスト[*:aurora ark収録曲]
Aurora*

虹を待つ人
→「♪Wow Wow Wow wo」
天体観測
→2曲連続でガンガン上げてきました!「♪yeah yeah ah ah」

シリウス*

車輪の唄

butterfly
→オープニングの手拍子から好き。

記念撮影*
話がしたいよ*
真っ赤な空を見ただろうか
リボン*
→この4曲の聴き入る雰囲気が良かったです。

望遠のマーチ*
→「♪いこうよ いこうよ」

GO

Spica*

ray
→好きなピョンピョン曲です。

新世界*
→どこでこのポップな曲が来るかと思ってたらナルホドrayの次ですか。手拍子も。「♪ベイビーアイラブユーだぜ」

supernova
→ライブの定番合唱曲ですね。「♪ラララララ、ヘイヘイヘイヘイ、ウォウウォウウォウ」

流れ星の正体*
→アルバムのラスト曲で本編ラストは納得。

※アンコール
同じドアをくぐれたら

ガラスのブルース
→名曲ですよね~。予習不足で歌う箇所の歌詞を覚えていなかった…。不覚。「♪ガラスの眼を持つ猫は星になったよ、・・・」

※ダブルアンコール
バイバイサンキュー

20190916.jpg

今日は名古屋フィルでモーツァルト三昧♪
1番のお目当ては『ジュピター』
超メジャー曲ですが、鈴木秀美さんの指揮なら聴いてみたいと思ったので。(昨年末の名フィル第九も同じ理由で行きました)
メリハリをつけ、フィナーレへ向かってじっくり積み上げていく充実のジュピターでした!
ハイドンマスターの秀美さんだからこそ、モーツァルト特有の捻りポイントを的確に浮き出させていたように思いました。

アンコールは「ハイドン:交響曲第98番より第2楽章」
モーツァルトの死の翌年に作曲され、ジュピターのオマージュも入っているんじゃないかと言われているそう。

秀美さんは昨年の第九も聴いてますが、さて来シーズンは?
あと、しらかわホールがリニューアルでどこが変わったかは、私の目&耳ではよく分かりませんでした…。

●メンバーと曲目
指揮:鈴木秀美
演奏:名古屋フィル

ソプラノ:中江早希

コンマス:後藤龍伸

モーツァルト:交響曲第31番ニ長調 K.297(300a)『パリ』
モーツァルト:コンサート・アリア『私のうるわしい恋人よ、さようなら』 K.528*
モーツァルト:コンサート・アリア『いいえ、あなたにはできませぬ』K.419*
モーツァルト:交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』

20190825 木曽音楽祭 (1)

諏訪旅行の帰りがけに木曽福島で途中下車して音楽祭へ寄り道。
アチコチから名手を集めていて、毎年チラシを見かけるたびに気になっていたので、一度訪れてみたい音楽祭でした。

IMG_7416.jpg
木曽福島駅からバス乗車。駅前に看板も。

20190825 木曽音楽祭 (2)
開場前は、この音楽祭名物だというアルペンホルンのファンファーレ。



IMG_7422.jpg

周りが山に囲まれている場所なので、木曽だからこその工夫ですね。


●メンバーと曲目
メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲 ホ長調 op.20
 ヴァイオリン:白井圭・漆原啓子・加藤知子・水谷晃
 ヴィオラ:佐々木亮・大島亮
 チェロ:伝田正則・山崎伸子

ブラームス:アルトのための2つの歌 op.91
 メゾソプラノ:白井光子
 ヴィオラ:村上淳一郎
 ピアノ:寺嶋陸也

ブラームス:セレナード 第2番 イ長調 op.16
 フルート:佐久間由美子・山本葵
 オーボエ:古部賢一・浅原由香
 クラリネット:山本正治・金子平
 ファゴット:岡本正之・河村幹子
 ホルン:日橋辰朗・日高剛
 ヴィオラ:佐々木亮・村上淳一郎・大島亮
 チェロ:辻本玲・山崎伸子
 コントラバス:星秀樹


アチコチのオケ首席やソリストがそろい踏み。音楽祭っぽい。

※以下、演奏写真は「木曽文化公園twitter ‏@kisobunka」より引用です。

20190825 木曽音楽祭 (3)
1曲目はメンデルスゾーンの八重奏曲。
分かっていても高揚する怒涛のフィナーレで、名手たちの一糸乱れぬ演奏にただ呆然。
過去に別の音楽祭で聴いた時はこの曲がトリだったのですが、敢えて最初に持ってくるのが木曽音楽祭の特徴を表してる気がします。
チェロの山崎伸子さんはときおりニコニコ。そして、何気に神奈川フィルからヴィオラの大島さんがいらっしゃるのです。


20190825 木曽音楽祭 (4)
2曲目はブラームスの2つの歌。
アルト&ヴィオラ&ピアノという珍しい編成。
地味ながらしっとりした良曲。
白井光子さん、お初でしたが小柄な見た目に反して堂々とリードを歌い上げていてビックリ。ドレスがピンク!
ドイツリートで長く活躍されているすごいお方なんですね。


20190825 木曽音楽祭 (5)
ラストはブラームスのセレナード2番。
あちこちのオケ首席やソリストの16人の名手が一堂に。さながらミニオケ。
こういう豪華な光景も音楽祭ならでは。
心穏やかに光に包まれているような曲でした。
ヴァイオリン不在編成でヴィオラが表に出てくるのは良いですねー。


20190825 木曽音楽祭 (6)
今日で最終日だったので最後は全員登場。壮観です。

公演前後や休憩中の話し声を聞くと、何回・何十回と来ている方も多いようですが、これほどのクオリティなら納得です。

20190721 佐渡裕プロデュース「オン・ザ・タウン」

●メンバーと曲目
指揮:佐渡裕
演出/装置・衣裳デザイン:アントニー・マクドナルド
演奏:兵庫芸術文化センター管弦楽団

ゲイビー:チャールズ・ライス
チップ:アレックス・オッターバーン
オジー:ダン・シェルヴィ
アイヴィ:ケイティ・ディーコン
ヒルディ:ジェシカ・ウォーカー
クレア:イーファ・ミスケリー
他多数


少し足を伸ばして兵庫でバーンスタインのミュージカル「オン・ザ・タウン」を観て来ました。
ドタバタ劇あり、ジャジーでカッコいい場面あり、歌い上げる聴きどころあり。
佐渡裕さんの指揮&プロデュースで演奏陣もシッカリ。
佐渡さんのキャラにハマっていてノリノリの楽しい公演でした。
映画化していたり、宝塚歌劇でやってたりするものの、意外にも原語歌唱でフルオケによる本格的な舞台上演は日本初だったとのこと。

西宮北口のホールへ来るのは約4年ぶりですが、改めて良いホールですね。
もう少し自宅から近ければ・・・。



syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -