FC2ブログ
2019 / 04
≪ 2019 / 03 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - 2019 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20190112 コパチンスカヤ

2019年の演奏会聴き始めにして、いきなりベスト公演の候補入りです。

コパチンスカヤは2012年11月にプロコフィエフの協奏曲を聴いて衝撃を受け、かねてからもう1度聴きたいと思っていたヴァイオリニストです。
今回、名古屋での公演情報が出てからずっと楽しみにしていました。

※その時のブログ記事はこちら
「12.11.18兵庫芸文オケ、第56回定期演奏会~井上道義&コパチンスカヤのプロコフィエフ~」
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-252.html


●メンバーと曲目
ヴァイオリン:パトリシア・コパチンスカヤ
ピアノ:ポリーナ・レシェンコ

プーランク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
C.シューマン:ピアノとヴァイオリンのための3つのロマンスOp.22より第1曲
バルトーク:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第2番Sz.76
エネスク:ヴァイオリン・ソナタ第3番イ短調≪ルーマニアの民俗風に≫
ラヴェル:ツィガーヌ

(アンコール)
ギア・カンチェーリ:Rag-Gidon-Time
フォーレ:ヴァイオリンソナタ第1番イ長調作品13から第3楽章アレグロ・ヴィヴォ


やたら男性客が多かったです。
まあ、かわいいですからねー。
ポスターだけでなく実物も裏切らないかわいさでした。
後で調べたら1977年生まれだそうでビックリ! え!?


さて、コパチンスカヤは緑のドレスで登場。
しばらくは椅子に座っての演奏、最初は裸足だったけど途中からスリッパ履いてたし、調子が悪かったのかな?

演奏はテンポが気ままに減速・加速してドライブ感グイグイだったし、音のスライドもガンガンするしで、"模範的"な演奏では全然無い。
"話す"言語がそもそも違うという感じ。
"普通の"演奏がルーマニア語から翻訳した後のフランス語やドイツ語だとしたら、コパチンスカヤはルーアニア語をそのまま話している感じ。
ロマっぽいとも言えるのかも。
もしくは、「のだめカンタービレ」の"のだめ"がヴァイオリニストだったらこんな感じかも。
賛否は分かれそうですが、私は大いに楽しめました。
あと、演奏中に時々目がクリクリ動くのがかわいい。

この自由奔放なヴァイオリンに合わせるピアノもすごい!
"伴奏"ではなく、ガッツリ組んでの1対1のセッション相手でした。
打楽器かのような強烈な打音もあれば、速いパッセージもお手の物で、コパチンスカヤの方向性を壊さずに見事に曲をまとめ上げていました。
ただの伴奏者かなとノーチェックでしたが、何者なんだこの人は。


1番楽しみにしていたのはラストのツィガーヌ。
このメジャーな曲をどう料理してくれるか。
それまで座っていた「コパチンスカヤが立った!」、スリッパも脱いでブーストモードに。
気のせいか音の響きもさらにアップしたような。
最初の無伴奏の箇所から、ピアノが入ってきて、最後のフィナーレの盛り上がりまで、ポカーンとしながら圧倒されるばかりであっという間。
さながらロックのライブ状態でした。


アンコールは2曲。
ギア・カンチェーリは、気ままなネコみたいなオチャメな曲でした。
↓Youtubeにご本人の動画があったのでご参照あれ。



終演後は居合わせた猫町倶楽部の方々と楽しくお喋りをしてきました。
あまりクラシックを聴かない方でも今日の演奏会は退屈しなかったようです(^^)

20180102 新春歌舞伎

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2019年の観賞始めは新春らしく歌舞伎から。
ここ数年で文楽や能楽は観てたのに、そういえば歌舞伎は久しく観ていなかったので、勢いで初日公演のチケットを購入してしまいました。

IMG_6779.jpg

IMG_6800.jpg IMG_6798.jpg

演目紹介の絵も雰囲気が出てます。

IMG_6792.jpg

中に入ると正月らしい凧と飾りがお出迎え。
客層には華やかな着物のご婦人方とダンディな着物のおじさま方も多く、アチコチで挨拶が交わされていました。
このおじさま方は普段どこに生息しているんでしょう?

IMG_6795.jpg

そして、ロビーに並ぶ錚々たる面々の日本画。
ここ数年で日本絵画に興味を持つようになったのでじっくり鑑賞してました。
東山魁夷、小林古径、鏑木清方、速水御舟、上村松園、川合玉堂など、展覧会ができるレベルが勢ぞろい。
実際、2011年に山種で美術展もあったそうです。

IMG_6788.jpg

席は3Fで↑こんな感じ。
ちゃんと花道で役者が止まってミエを切る場所が見えるという配慮がありがたいです。

そして、3F席で良かったのが、近くの席から「成駒屋!」「高麗屋!」と屋号が飛び出すこと。
これぞ歌舞伎座!
初日だから特に賑やかだったかも。10人ぐらいはいたんじゃないか?
もちろん、華やかな役者の方々、三味線や唄などの演奏でも気分が盛り上がり、
非日常な和の空間を堪能してきた1日でした。

この日の夜はNHKで特番もやっていました。
さっきまで自分がいたところがTV中継されるというのも面白かったです。

●演目と主な配役
・再春菘種蒔「舌出三番叟」
三番叟:中村芝翫(成駒屋)
千歳(女形):中村魁春(加賀屋)

華やか!華やか!
楽器がズラリと並ぶ光景はめでたい新年という感じがしますねー。


・「吉例寿曽我」 鴫立澤対面の場
工藤奥方梛の葉(女形):中村福助(成駒屋)
曽我一万:中村七之助(中村屋)
曽我箱王:中村芝翫(中村屋)

七之助さん、体が細い!
次の演目では一転、女形で美女になるし、夜公演でも大活躍の役なので、対応力がありすぎです!


・「廓文章」吉田屋
藤屋伊左衛門:松本幸四郎(高麗屋)
扇屋夕霧(女形):中村七之助(中村屋)

幸四郎さん(元:市川染五郎)のナヨナヨお坊ちゃんの優男っぷりがハマっていました。
笑い声多し。
「幸四郎襲名直後初めての新春公演、めでたい~」のような追加台詞もあって、幸四郎さんがデレデレに(^^)
これは初日だけだったのでしょうか?


・「一條大蔵譚」檜垣・奥殿
一條大蔵長成:松本白鸚(高麗屋)
常盤御前(女形):中村魁春(加賀屋)
吉岡鬼次郎:中村梅玉(高砂屋)

白鸚さんの阿呆&威厳の2面役がさすがヴェテラン芸。
長めの演目なので一部ウトウトしてましたが…。

2018年もそろそろ終わりなので、この1年で聴いた音楽の振り返りを。

近年あまりジャズを聴けていなかったので、今年は意識して多めに。
そして、何と言っても初めてのロックフェス!
サマーソニックで音楽の視野が一気に広がった年にもなりました。

●行った公演数
全29回(フェスは1日で1カウント)
 クラシック:16回(現代音楽もカウント)
 ジャズ:8回
 それ以外:5回(文楽、劇団四季もカウント)

●印象に残った公演ベスト3
カマシワシントン

<ジャズ>
①8/18 カマシ・ワシントン@幕張メッセ(サマーソニック)
②1/8 山中千尋トリオ@STAR★EYES
③11/3 大西順子トリオ@jazz inn LOVELY
⇒チック・コリアがベスト3に入らないぐらいの充実ぶり。

tokyo1803d_00048.jpg

<クラシック>
①1/27 平山素子(ダンス)×加藤訓子(パーカッション)『DOPE』@愛知県芸術劇場
②5/26 バーンスタイン生誕100周年記念演奏会@横浜みなとみらいホール
③9/8 名古屋フィル第460回定期~オーデン『不安の時代』~@日本特殊陶業市民会館
⇒①のスティーブ・ライヒの「ドラミング」によるコンテンポラリーダンスが鮮烈でした。

Clean bandit

<それ以外>
①8/17 クリーン・バンディット@幕張メッセ(ソニックマニア)
②8/18 マシュメロ@幕張メッセ(サマーソニック)
③9/17 →Pia-no-jaC← 10th Anniversary「→PJ← History」@Zepp Nagoya


●行ったコンサート一覧
18.12.24 名古屋フィル第64回市民会館名曲シリーズ~第九~
18.12.08 名古屋フィル第463回定期~メーテルランク『ペレアスとメリザンド』~
18.11.07 名画で読み解く音楽紀行@天白文化小劇場
18.11.04 岡崎ジャズストリート(2日目)
18.11.03 大西順子トリオ@jazz inn LOVELY
18.10.27 チック・コリア ソロピアノ@豊田市コンサートホール
18.10.21 四日市ジャズフェスティバル
18.10.13 名古屋フィル第491回定期~ゲーテ『ファウスト』~
18.09.23 ピアノトリオ 矢部達哉 山本裕康 諸田由里子@宗次ホール
18.09.17 →Pia-no-jaC← 10th Anniversary「→PJ← History」@Zepp Nagoya
18.09.09 ぎふ未来音楽展
18.09.08 名古屋フィル第460回定期~オーデン『不安の時代』~
18.08.18 サマーソニック東京1日目
18.08.17 ソニックマニア
18.07.14 名古屋フィル第459回定期~ボードレール『悪の華』×デュティユー~
18.07.01 プラハ放送交響楽団@四日市市文化会館
18.06.23 平賀マリカ withハクエイ・キム@八事日赤Jardin de bijoux
18.06.10 ジャコバン国際ピアノ音楽祭in岐阜@サラマンカホール
18.06.09 名古屋フィルしらかわシリーズ Vol.32 「ホーネックの喜遊曲」
18.06.02 劇団四季「リトルマーメイド」
18.05.26 バーンスタイン生誕100周年記念演奏会@横浜みなとみらいホール
18.04.30 鈴木良雄Bass Talk@jazz inn LOVELY
18.04.14 サラマンカ大学創立800周年記念コンサート「魅惑のスペイン」withカニサレス@サラマンカホール
18.03.21 文楽『曽根崎心中』三重公演
18.03.17 名古屋フィル第455回定期「小泉和裕の『悲愴』」
18.03.04 川嶋哲郎&後藤浩二@Jazz Spot Swing
18.02.18 藤村実穂子メゾソプラノリサイタル@サラマンカホール
18.01.27 平山素子(ダンス)×加藤訓子(パーカッション)『DOPE』@愛知県芸術劇場
18.01.08 山中千尋トリオ@STAR★EYES

20181224 名古屋フィル「第九」

●メンバーと曲目
指揮:鈴木秀美
演奏:名古屋フィル

ソプラノ:中江早希
メゾ・ソプラノ:布施奈緒子
テノール:中嶋克彦
バス・バリトン:押見春喜

合唱:愛知県合唱連盟

コンマス:田野倉雅秋


鈴木秀美さんといえばバロック音楽。
バッハ・コレギウム・ジャパンやオーケストラ・リベラ・クラシカで活躍されている演奏家です。
それぞれまた聴きたいオケですが、名古屋だとなかなか聴く機会が無いんですよね…。

そんな経歴の秀美さんが、第九を振ったらどうなるかは非常に興味深く、楽しみな公演でした。
1年前に神奈川フィルで振る予定だったそうですが、その時は体調不良で降板…。
ネットで調べても過去にプロオケで第九を振った記録が出てこないし、もしかして初めて?



さて、第1楽章の出だしから「んん?」と違う雰囲気。
作曲当時の手法に近づけるピリオド奏法らしく、第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンが両翼に座る対抗配置で、弦の残響や揺らぎはカット。
それだとつまらないかと思いきや、普通の第九に比べてかなり弦の音量を抑えている分、木管や金管の音がしっかり聴こえてきて面白かったです。
虚飾を剥ぎ取って、曲本来の構造を表出させ、新鮮な響きになった第九でした。
多数派の“ロマン派から遡った第九”ではなく、“バロックから連なる系譜の第九”というアプローチとでも呼べばいいんでしょうか。

カタルシスを求めて来た人は大いに不満な演奏でしょうが、私はすごく好み。
フィナーレも大抵は前のめりになって駆け出して盛り上がりにいきますが、秀美さんは淡々と歩みを進めていました。

管楽器の皆さんはいつもより大きなプレッシャーで大変だったことでしょう。
特にホルン隊、ブラボー!


これまで聴いたことが無い「第九」で面白かったです!
第九という聴き飽きた曲で新鮮さを感じる演奏に出会えるとは思っておらず、自分の音楽経験はまだまだだなと痛感しました。
この公演が今年のコンサート&ライブの聴き収めだったので、良い気分で新年を迎えることにします(^^)

20181208 名古屋フィル第463回定期『ペレアスとメリザンド』

●メンバーと曲目
指揮:小泉和裕
演奏:名古屋フィル

ピアノ:ゲルハルト・オピッツ

コンマス:田野倉雅秋


シューマン:ピアノ協奏曲
シェーンベルク:交響詩『ペレアスとメリザンド』


ついに改修工事が終わり、久々の芸文のコンサートホール!
やはり名古屋フィルはここがホームと感じがしますね。
私は、前回が2017年6月定期だったので、約1年半振りでした。
見た目ではどこが変わったのか良く分かりませんでしたが…。

芸文復帰回ということで小泉音楽監督が直々に登場。
前半も後半も暗譜という気合の入りっぷり!

前半はオピッツお爺ちゃんのシューマン。
バルコニー席から演奏するお姿をガッツリ拝見しながら。
肩の力が良い感じに抜けてて、暖かくてホッとする演奏はさすがヴェテラン。
ブラームスとベートーヴェンそれぞれの協奏曲でも聴いたことがあるピアニストですが、この方の音はシューマンが1番合っていると思いました。
室内楽でも聴きたい、好きなピアニストの1人です。

後半はシェーンベルクのペレアスとメリザンド。
約100人の奏者がズラッと並び、豊かな音の物語に浸ることができました。
切れ目が良く分からなくてつかみにくい曲ですが、事前に原作を読んでみたので、出会った場面で運命のメロディーが流れるとか、刺し殺す場面とかの場面を想像しながらというのも面白かったです。
原作は思わせぶりな描写ばかりで簡素なのに、ここまで濃厚な曲になってしてしまうのが、『浄夜』も作曲した初期のシェーンベルクなんですね。
とにかくロマン濃厚になりそうな曲ですが、小泉さんはドラマティックにしすぎずに明晰でキッチリした演奏でまとめていて好印象でした。これはアリ。


今回はオピッツさん目当てでバルコニー席にしたので、ホールの音の響きははっきりとは分かりませんでしたが、次回以降確認できればと思っています。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。